これから副業やお小遣い稼ぎ、兼業起業のスキルが必須な3つの理由

この記事は2分で読めます

こんにちは!

完全在宅カメラせどり(転売)師、織田です♪

 

こうしてブログを読んでくださっている方の中にも

会社員をやっている方は多いと思います。

 

しかし、この記事を読んでいるあなたは、

確実に副業やお小遣い稼ぎを

考えていらっしゃいますよね?

 

その感覚、大事にしてください。

さすがです。

 

 

ぼくからしたら、

今、副業やお小遣い稼ぎをやらないのは、

自殺願望があるんじゃないかと

思っているほどです(笑)

 

では、今の時代に会社とは別の副収入、

副業・お小遣い稼ぎ・兼業起業が

必須な3つの理由です♪

 

 

1. 現在の日本の会社の平均寿命は7年

 

この意味、わかりますか?

 

つまり、平均値をとると、

22歳で就職して65歳で退職する

43年間のうち

 

平均6.14回は転職しなきゃいけない時代

 

 

ということです。

 

しかも、栄転ではなく、会社がつぶれて、ですよ。

 

もちろん給料は初任給で次の会社です。

40歳になるころには、どこも雇ってくれません。

 

 

2. 退職金て、ほんとに出る?

 

文字通り身を扮して働いて、

尽くして尽くしているあなたの会社。

 

本当に退職金は出るんでしょうか?

 

退職金は企業の感謝の気持ちであって、

法律で決まっているわけでは、ありません。

 

経理に聞いてみるといいと思います。

僕の退職金て、いくらですか?って(笑)

 

 

3. 老後の生活、

考えていますか?

 

もしも、あなたが65歳で退職するとします。

 

平均寿命が大体85歳だとしたら、約20年間で

いくら必要か計算したことはありますか?

 

1ヶ月20万円でつつましく生活したとしましょう。

(かなりつつましい清貧な生活になるとはおもいますが)

 

20万×12カ月×20年=4800万

 

最低、これだけ必要になります。

貯蓄なのか、稼ぐのか。

いずれにせよ必要な最低限の金額です。

 

これは、自分一人の場合であって

奥さんがいるかもしれませんし、

孫がいるかもしれません。

 

支出20万で足りるといいですね・・・。

 

え、年金?

まさかあるなんて

思ってませんよね!!!???(;・∀・)

 

せめて、大事な人を守れるだけの、

稼ぐ実力はつけておきましょう・・・。

 

会社員で賄い切るには、相当な努力が必要です。

もちろん、会社員が悪いのではなく、

ぼくがいいたいのは、

会社員では必要な分が稼げないということを言いたいのです。

 

もちろん、会社のトップに上り

詰めるという選択肢もOK

だと思いますよ♪

 

以上これからは会社の給料だけではなく、

副業・お小遣い稼ぎ、兼業起業が

必要な3つの理由です♪

 

ホントに今の時代は弱肉強食。

 

指示待ちは死に待ちです。

 

そんな僕は今日はすでに日給2.7万円が確定しています。

(嫌味じゃないですよ、事実です)

 

本当に、やるなら

早いほうがいいですよ(*´▽`*)

 

そして、このブログを読んでいるあなたは、

 

最高の副業・お小遣い稼ぎ・

兼業起業の手段を知っているはず!!!

 

そう、

 

完全在宅・カメラ転売(せどり)です(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます♪





カメラ転売の豪華特典プレゼント中♪


1.瞬殺で時給1万円‼

一つで利益5000円の実際に僕が仕入れたカメラリスト‼

2.儲かる商品がワンクリックで赤裸々!

サルでも稼げるカメラせどり極秘相場サイト!

3.これを聞くだけでなにをやってもがっぽり大儲け!

年収1000万円を稼ぐ最凶の3つのテクニック!!

*メールアドレス
*お名前
  • 2016 08.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

プロフィール

名前:織田

⇒プロフィールはこちら

・田舎から無一文で上京
・元オタク
・元デブ
・女が苦手
・チキン
・ビビり
・優柔不断


⇒ カメラ転売実績を見る

2014年6月 無一文で上京
2014年8月 せどり開始 
2014年11月 会社を独立
2014年12月 利益45万円
2015年5月 月収100万達成 
2015年8月 完全在宅ゴールドラッシュの完成

おかげさまでブログ村 3冠達成!!
人気ブログランキング1位達成!!
ナンパあんてな1位達成!!
ありがとうございます♪

⇒ブログを初めから読む

⇒ブログを記事ごとに読む

僕の人生を変えてくれた師匠のブログはこちら↓

⇒乱太郎師匠