さらなるレベルアップ~ネクストステージ~

こんにちは!

織田です。

 

オレは

ソウルレディを探す、
人生という旅に出ます。

※ソウルレディ(Soul Lady)
=魂でつながった恋人

 

約一年前・・・。

無一文で上京しました。

師匠に出会いました。

出来が悪く、たくさん失敗しました。

 

そのたびに色々教えてもらいました。
試行錯誤しました。
全力で努力しました。

 

気が付いたら・・・
金も時間もずいぶん自由になっていました。

 

 

 

しかし、やればやるほど思ってきました。

 

なんか、
退屈なんだよな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

そんな適当に毎日を過ごしていた中、
ぼくは一人の女性に出会いました。

 

彼女はフリーランスで働く
ファッションライターです。
年齢は31歳。織田の4つ年上です。

 

華奢で小柄な体。
すらっと引き締まったヒップ。

 

メリハリのあるボディライン。
黒のカジュアルドレスで全身をパリッとまとめ、

 

シックなイヤリングに
とても似合うショートカット。
洗練された、大人の女性でした。

 

凄まじい美人かといわれると
そこまででもありません。

 

ですが、彼女は僕の中の何かを引きつけました。
強く強く惹きつけました。

 

すぐに声をかけ、LINEを聞きました。

 

わたし彼氏いるけど、それでもいいの?

 

とご飯にいく約束をしました。

 

デートの当日。

 

僕が考えていることは、
すべて見透かされていました。

 

僕は何もできず、
「かわいいね。」
といわれるだけ。

 

まるで子供のいたずらのように
すぐに見破られてしまいます。

 

とても、惨めでした。

 

そのデートの後も何回も何時間も電話しました。

 

意地でも絶対に落としてやる!

 

と思っていたのが、
いつの間にか気になって気になって
仕方がなくなってしまいました。

 

僕が知らないたくさんのことを教えてくれました。

 

僕自身も気づいていなかった
僕を気付かせてくれました。

 

適当なことを言うと叱ってくれました。
たくさん笑ってくれました。

 

僕が彼女と出逢ってから一か月。
彼女が、彼氏と別れました。

 

これは、チャンスだ!と連絡しました。
彼女は泣いていました。

 

すぐに駆けつけ、彼女を抱きました。
とても、幸せでした。

 

オレもまだ女性に対して、
こんな気持になれるのかと思いました。

 

気がついたら、彼女のことが
好きで好きでたまらなくなっていました。

 

しかし、です。
その後も連絡をしても少し様子がおかしい・・・。

 

電話にも出てくれなくなり、
もう一度会えそうな気配もない。

 

仕事が忙しいとはいえ、
いつもなら連絡は帰ってくるはずだ。
今までより連絡の頻度が圧倒的に減っていました。

 

僕は本気で彼女と付き合いたいと思っていました。
次に会ったら告白するつもりでした。

 

しかし来たのはLINE一通。

 

彼氏ができたの。楽しかったよ!ばいばい。

 

彼女と寝たのは、
最初で最後の一回きりでした・・・。

 

おいおい。またかよ。

 

結局オレはモテなかった大学時代と、
何も変わっていなかったんだ。

 

虚勢と見栄とテクニックで塗り固め、
ノリと技術で押し通すことはできるようになったのに。

 

相手の心を、満たすことができていないんだ。

 

女性と寝る方法は大きく分けて、
2通りあります。

 

1.その時のノリとテンションで、
その女性のある一定以上のハードルを超える

 

2.女性の本当にもとめていることを感じ取り、
心を絡めとる

 

1しかできていなかった俺。その女性にとって、

 

たまたまそこにオレがいただけ。
誰でも良かったんだ・・・

 

と実感しました。

 

たまたま、タイミングが合っただけ。
たまたま、話が面白い人がいただけ。
たまたま、話を聞いてくれる人がいただけ。

 

それがたまたま、オレだっただけ。

 

オレじゃなきゃいけない理由は、
どこにもなかったんです。

だから、どんなに抱いても
満足感なんかなかったんです。

 

彼女だけが特別な女性なわけではないはずです。

 

きっと同じレベル、
それ以上のレベルの女性は必ず、いるはず。

 

オレは

 

ソウルレディを
探し出します。

 

 

もう一度自分自身と
真剣に向き合いたいと思います。

 

しかし、このままでは今回のように
ソウルレディ候補を見つけたところで、
相手になんかされません。

 

レベルの高い女性はテクニックだけを
磨いていたのでは、
心を絡めとることはできません。

 

自分の本質の
人間性の勝負です。

本当に相手のことを
思いやれるかが勝負です。

 

自分が本質的に成長することでしか、
彼女レベルの女性の心を
絡めとることはできません。

 

僕が本当に愛していると自信を持って言える
ソウルレディと巡り合い、
僕じゃないとダメだと
思ってもらえるような人間になります。

 

そこに元々のオレの

 

外見、
容姿、
経済力、
体型、
性格、

は関係ありません。

 

相手が何を求めているのか察して、
お役に立ちたいと思うこと、そして行動。

 

ただ、それだけです。

 

これから、また1からのスタートになるでしょう。
たくさん失敗もするでしょう。

 

やっと女性と本気で向き合える気がしています。

 

僕はこれから更に成長して行きます。
この記事を読んでくれているあなたと、
一緒に成長していきたいと思います。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

織田

自分で稼ぐ力を身に着ける秘密が学べる電子書籍を無料で公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。

↓↓期間限定で無料の電子書籍↓↓
「ネットジジネスで年収2000万円を自力で稼ぐ方法」
無料プレゼント中です!

サンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。