読者様からのQ&Aコーナー(9)~カメラ転売(せどり)は在庫抱えて赤字とかならない?〜

こんにちは!
カメラせどり(転売)ナンパ師織田です♪

田舎に引っ越して在宅カメラ転売・・・。

完全在宅錬金術、
ゴールドラッシュ!!

があまりに完成されすぎていて。。。

時間が余る!!!=ヒマ!!!

時間が余るとつい、ね。

マンガ読んだり、
小説読んだり、
YOUTUBE見たり、
マンガ読んだり、
マンガ読んだり(笑)

時間があまれば余るほど、
グダって行くという悲劇(笑)

実働時間は一日3時間
働いてないんじゃないか(笑)

食料も宅配にしてしまったので、
引き篭りに拍車が輪をかけてかかっていますwww

そんな自分を奮い立たせて、
久々に読者様からの
質問に答えていきます♪

京都府にお住いのTさんです♪

——————-

Q.在庫抱えて赤字化とかならない?

A.在庫は現金と等価です。

カメラ転売のいいところ、それは、

時間がたってもカメラの価値は下がらない

ということです。
むしろ価値が上がるものもあります。

フィルムカメラなんか50年前の
ものがそもそも大人気です。(ライカとか)

そして、現金を持っていても今の銀行の利子は0.02%。

カメラ転売(せどり)をやっていれば

20-30%の利益率で
かえってくるわけですので、

むしろ僕からすると、在庫がなくなるほうが不安です。

現金が余ってしまうと、

利益を持ってきてくれないので・・・。

とはいえ最近は、カメラは勝手に売れて
利益が勝手に上がってしまうので

現金が余ってしまう
状況になっています(;・∀・)笑

ひっどい話だ(笑)

ぼくからすると、

現金を持ってるなんか、もったいない!!!!

という感じです。

その現金で在庫を持ったら、
もっともっと利益が上がるわけですので。

これは実際にカメラ転売をやっていると、

カメラってマジでうれるやーん\(^o^)/
てか、売れすぎてむしろ困るわー(´-`*)

っていう感覚になっていくんです。

つまり僕の答えとして、

赤字化?
ていうか、現金持ってるほうが
無意味すぎて怖い(ノД`)・゜・。

ということです♪

ひっどいことを言うようになったものです(笑)

以上、織田の答えでした♪

ご質問いただけましたら、
よりあなたにお役立ちできるブログになります♪

どんどん質問いただけましたら、
嬉しいです♪



*メールアドレス
*お名前
*お住まいの都道府県(出張に行くかも♪)
*知りたいテクニック(ブログで答えます) 
例:せどりの不安、地方でも大丈夫?
飽和しない?等


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。

今なら無料の電子書籍をプレゼント中です↓↓

→無料のメルマガ登録はこちらから

現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。


圧倒的知識を無料メルマガで公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
僕は今までこんな学びをしてきました。

・世界最高のマーケッター、
 ジェイ・エブライハムのオンライン講座受講
 (分かる人はめっちゃすごいことをわかると思います)
・組織マネジメントを学ぶために
 上場企業の外部コンサル発注
 (3ヶ月で131万円でした笑)
・20代で年収5億円の経営者の動画講座へ複数参加
・マコなり社長のビジネス講座受講
・日本で初めて縦長セールスレターを
 使った人からのノウハウ
・ラジオ番組も持っていた
 テレビアナウンサーから伝え方の直接トレーニング
・英語を話せるようになりたいから
   3年間海外留学
・飲食店を開きたいから
 地元で一番の高級店に就職
・瞑想(マインドフルネス)を学ぶため、
 日本の最高峰の合宿所に10日間合宿
・世界一周した民泊経営者のところで
 民泊のやり方を直接指導
・26歳で1000人切りナンパ師から
 コミュニケーション指導

などなど。

業界トップクラスの信用できる人から、

学びまくりました。

こんな最高峰のノウハウを知りたい方は
⇒ 無料メルマガへ今すぐ登録^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。