【古民家改装】素人が古民家をDIYで改装して民泊を経営

こんばんは。織田です。

僕は東京で起業し、住んでいたのですが、
お風呂に入っていると、いきなり、

「そうだ、田舎に帰って古民家を改装して民泊を開こう!」

と思いつきました。

その時はまだ店舗をまわって仕入れる
店舗せどりしか知らないときでしたが、
頭の中はそれ一択。

とにかく田舎に帰って
古民家をDIYで改装して自分の店を作ることだけに
頭がいっぱいになりました。

「地域の人たちが集まる場をつくろう。」

それだけの思いでした。

それから4年近くたち、
コツコツ進んできて、
かなりいい感じになってきています。

地元テレビに取材されました^^



改装前→ 改装後

カフェ部分(改装中)

もちろん壁の漆喰や窓の取り付け、
床はりなどほぼ全てDIYで自分でやりました。


地元の木材を使い、
自然素材を使い、かなりいい感じです。

カメラショップ部分

ウッドデッキ作ったりとか

お手伝いさんをネットで募集して、
漆喰を塗ったりしました。

父と改装中の飲み会

普通の民家をぶっ壊し、そこから再生する。
100円均一のDIYとは一味違う感じです

民泊部分ロフト


天井貼るのはめちゃめちゃ大変でした。
途中うちに2週間ほど居候していたサムが
頑張って手伝ってくれたのをよく覚えてます。
サム、ありがとう。笑

トイレ部分

何の変哲もないただの民家を
片付け、解体するところから始まり、
今はカメラショップ、民泊の営業をしています。

カフェはもう少し改装中です。


父もリタイア後の趣味として、
積極的に手伝ってくれています。
(もはや父が主導な感が満載ですが笑)

こうした夢を追いかけられたのも、
全てはネットビジネスがあって、
場所に縛られず、時間に縛られずに
自分で稼ぐ力を身に着けたからこそ。

昔のポンコツだった僕からは、
生きるのすら精一杯だった僕からは、
予想もできない、素晴らしい人生になりました。


本当にポンコツだし、コミュ障だし、
どうしようもないやつだった僕も
こんなに毎日がワクワクしながら
生活ができています。

昔の僕のように、
今の生活のままでは希望がもてず、
頑張っているのに報われない人が
一人でも多く、
「自分の本当にやりたいこと」
を実現できるような社会を作りたい、
と思っています。


そのための考え方と僕の理念
ストーリーをこちらの記事で書いています🔻🔻

⇒ ブログの理念と著者プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は「ビジネス迷子をなくすこと」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。