[要注意!]収益化できない情報発信者の特徴

収益化できない情報発信者の特徴

こんにちは、織田です。

今日は

[収益化できない情報発信者の特徴]

についてお話します。

情報発信と言っても幅が広く、
収益化までの道筋が立てられず
迷ってしまう人が多いです。


結論から言って、
収益化できない情報発信者は

[ビジネスの法則を知らない]

からです。

 

ビジネスの法則を知らないと
正しい手順を踏めないので、

・いくらブログを毎日更新しようが
・Twitterを更新しようが、
・YouTubeを更新しようが

収益化をすることはできません。

 

バスケットボールのシュートフォームと同じです。
崩れたフォームでいくら練習しても、
うまくなることはありませんよね。

ですが、ビジネスになると
自己流で崩れたフォームで
永遠と続けてしまう人が多いです。

「もったいないなぁ」

と思いながら見ています。

ですが、
ビジネスの法則に則って行動すれば、
必ず成果に結びつきます。

 

ビジネスの法則を理解する

まずは、
ビジネスの法則を覚えておきましょう。

その法則とは

集客 → 価値観の共有 → 販売

です。

とてもシンプルですよね。

「なんだ、そんなことか!」
と思わずに、
ぜひ最後まで読んでみてください^^


法則とは

「時代」
「流行り」
「場所」

に左右されず、必ず同じ結果が出るものを言います。

 

失敗する情報発信の特徴

実は、情報発信ビジネスだろうと、
飲食店だろうと、アパレルショップだろうと、
やっていることは同じです。

集客 → 価値観の共有 → 販売

このステップを必ず踏む必要があります。

 

しかし、失敗する情報発信者が
やってしまうのは
[価値観の共有]のステップを
飛ばしてしまうことです。


例えば、

Twitter → noteで有料商材の販売
ブログ  → 商品ページ記事で商品の販売

などです。

これらは価値観の共有のステップを
飛ばしてしまっているので
成約率はめちゃめちゃ低いんです。

例えて言うのなら、

知らない人の家にいきなり行って、
「商品を買ってください」と言っている
訪問販売みたいなもの

です。

 

ご存知の通り、
訪問販売はなかなか契約は取れませんよね。


アパレルショップに入って、
いきなり

「今の時期はこれがおすすめですよ」

と声をかけられるのと同じです。


価値観の共有のステップを飛ばすのなら、
大量の集客を行って、
成約率の低さを補う必要があります。

 

人がものを買うときには信用が一番大事

 

「あそこの店長は知り合いだから、
今日はあのお店でご飯食べようか」

「友達がいいお店教えてくれたから、
行ってみよう」

「せっかく買うんだったらあいつのところで」

という経験、ありませんか?

 

実は人間が何かを買う時に一番重要視するのは
「信用」です。

知り合いや友人、紹介というのは
「変なものは買わされない」
という信用があります。

なので、人は知り合いのところでものを
買うことが多いんですね。

 

大手企業をつい選んでしまうのも、
この信用があるからです。

なので、商売をするにあたり、
価値観の共有のステップを踏んで、
自分を信用してもらうことが何よりも
大事なステップです。

 

価値観の共有を行うには?

では、どうやったら
価値観の共有を行えるでしょうか?

結論からいって、
メルマガを使います。

なぜならメルマガは
こちらの発信を確実に
見てもらうことができるからです。

 

Youtubeの登録者数や
Twitterのフォロワーさんの数を
目指している人がいますが、
それだと弱いんですね。

それだと
他の発信者に埋もれてしまいます。

それよりも、

メルマガに登録してもらい、
確実にこちらの発信を見てもらい、
価値観を共有する事が重要です。

 

「自分はこういった理念で情報発信をしている」
とか、
「自分の商品は他社とはここが違う」
とか
「昔は自分もこんなことで悩んでいた」

などの価値観をメルマガで共有していきます。

 

例えば、

「僕は昔太っていて、いじめられていて
自分に全然自信が持てなかった。
けど、正しい筋トレと食事の管理を行って、
理想の体型になってから、人生が変わった。
自信も持てるようになったし、モデルの彼女もできた。
昔の自分みたいに、体型で悩んで、自信がない人の
力になりたい。」

なんて言われて、サプリメントでも勧められたら
僕はわかりみが深すぎて、
そのサプリ買っちゃうかもしれません。笑

 

これが、価値観の共有です。
価値観の共有は

「その人から買う理由」

になるということですね!

 

人間には単純接触効果もあるので、
とにかく目に触れてもらう回数を増やすことで、
自分の商品を選んで貰う確率が上がります。

 

選択肢に入らないとなにも始まらない

こんな経験ありませんか?

美味しくてコスパもよくて、
雰囲気も良かった飲食店に

「絶対また来よう!」

と思って忘れてしまって、
2度目は行っていないなんてこと。

 

今の時代は情報量が多すぎて、
忘れられてしまい、選択肢に入らない
事がよくあります。

これだと、お客さんに選んで貰うことは
絶対にできませんよね。

なので、メルマガで確実に
自分を選択肢に入れておいて貰うことが大事です。

 

リストマーケティングを学ぼう

こうしてお客さん連絡先を教えてもらい、
情報発信をして、価値観を共有して、
ビジネスをすることを

リストマーケティング

と言います。

詳しくはこちらの記事で説明しているので、
よかったら読んでみてください。

リストマーケティングとは?[凡人が勝負する唯一の方法]

まとめ

・失敗する情報発信者の特徴は
 ビジネスの法則を知らない
・ビジネスの法則とは
 [集客→ 価値観の共有→ 販売]
・価値観の共有を行うにはメルマガを使う
・お客さんの選択肢に常に入ること
・リストマーケティングを学ぶ

になります。


これをやっていけば必ず情報発信で
収益化はできるようになるので、
ぜひやってみてください。

もっと情報発信について知りたい方は、
無料メルマガでより詳しい情報を
お伝えしています↓↓


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。

今なら無料の電子書籍をプレゼント中です↓↓

→無料のメルマガ登録はこちらから

現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。


自分で稼ぐ力を身に着ける秘密が学べる電子書籍を無料で公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。

↓↓期間限定で無料の電子書籍↓↓
「ネットジジネスで年収2000万円を自力で稼ぐ方法」
無料プレゼント中です!

サンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。