アイルランドに高校3年間留学して学んだこと

こんにちは、織田です。

僕は高校3年間をアイルランドに
高校留学していました。
もう12-15年ほど前になります。

僕の人格形成に多大なる影響を与えた経験なので、
シェアしたいと思います。

なんで高校で留学?

さて、そもそもなんで高校で
留学することになったのかというと、
「日本の高校に馴染めなかったから」
が一番大きな理由です。

日本の普通科の高校に1年間通ったのですが、

・先生たちが偉そう
・コミュ障故に友達できない
・もちろん彼女もできない
・勉強もできない
・高校デビューを狙っても空回り

ということで、
逃げるように留学することにしました。笑

留学して、英語ペラペラになったら、
かっこいいと思いません?

中学の時に全然うまくできなかった学校生活を
高校でリベンジマッチ!と思っていたのですが
ここでもうまくいかなかったので、
もう一度リベンジマッチだ!と思いました。

まあ、そんなうまくいくわけもないんですが。笑

コミュ障だし、
ポンコツなのは昔からだったんですが、

「環境を変えられば・・・・。」

という勘違いが原因で留学を決意しました。

なんでアイルランド?

サッカーが好きだったので、
生のサッカーが見たかったのでヨーロッパ。
その中で英語を習いたかったので、
選択肢はイギリスか、アイルランドの2択。

イギリスよりもアイルランドのほうが、
治安が良いという横でアイルランドにしました。

首都であるダブリンの北のほうの
学校に通っていました。

英語できたの?

できません。笑

英語は中学校の時に全国模試で
23点とか取っていました。笑
行けばなんとかなるだろうと思っていました。笑

一番楽しかったとこは?

結局向こうでバスケットボールを通して
友達ができたので、
バスケットボールが楽しかったです。

あとは、サッカー好きなやつに、
サッカーの観戦連れてってもらったりとか。

ヨーロッパ中、旅行はよく行きました。

僕は同じホストファミリーに
3年間ホームステイしていたのですが、
そこにヨーロッパ中から短期滞在する
同年代の子たちが来ていました。

休みになると、その友達をつてに、
ヨーロッパ中を格安航空で
(片道数千円とか、高速バスみたいに気軽に使えた。)
旅行したのはいい思い出です。

一番はスイスとオーストリアで一週間
ぶっ通しでスキーし通したこと。

「まじで、もう一生スキーしたくない」

と思うほど、日本のゲレンデではない
ワイルドで広大なゲレンデを滑り尽くしました。

リフト6回乗り継いで頂上まで行って、
滑り降りるみたいな、壮大なスケールでした。

一番きつかったのは?

もちろん、コミュニケーションですよね、やはり。
英語ができないのはもちろん、
僕はノリがいい方ではないので。笑

テンションだけで押し切れたり
できなかったんですよね。。

ホストマザーとかも、休みの日に
友達がいなくてずっと僕が家にいるから、
心配してました。

英語できなくても、テンション高いやつは、
楽しそうに馴染んでたりしていましたよね。

結局、日本の高校でコミュ障で留学したんだから、
英語でなんてもっとできるわけもなく。笑
(参照:ポンコツだった僕が
師匠に出会ってから変わった2つのこと

「あまかったなぁ」と実感しました。

日本人も何人かいたけど、

「留学したんだから日本人とずっと一緒なんていやだ!」

という思いもあり、無理して
外国人の友だち作ろうと必死でしたね。

金髪美女とお話したいなぁと思いながら、
3年間でほとんどできませんでした。
これが一番きつかったかも笑

得られた経験は?

・メンタルのつよさ
・英語力
・コミットメント力

の3つです。

メンタルはマジで病んでいました。
診断されたわけではないですが、
おそらく鬱でしたね。
(知り合いがなった時に同じ症状だったので)

そんな中でも
3年間も留学したんだから、
最低限、英語だけはものにしようと思って、
マジで必死こいてTOEICの勉強をしました。

友達もいなくて、
一切気が休まる暇もなかったので、
僕の唯一のアイデンティティの置きどころは、
TOEIC試験だけでした。

そう思うと、
今までの人生で精神的に一番きつかったのは
高校の留学時代だと思います。

結果的には3年間の留学生活の卒業時には
TOEIC880点を取れたので

精神的にマジできつい状態で、
英語にコミットして、結果を残した

っていうのは、僕の原体験になっています。

もう一回行きたいかって言うと
行きたくないけど、いい経験

人生をやり直したら、もう一回留学行くか?
って聞かれると、完全にNOではあるけど、
とてもいい経験だったと感じています。

特に英語と外国に対しての未練がまったくなく、

「日本って最高だわー
っていうか、田舎って最高だわー」

と迷いなく思えるようになったというのは、
本当によかったなぁと思っています。

一度、世界と日本を比較しないと、
なかなか日本の良さに気づくことが
できなかったりしますからね!

英語に興味がある方は
TOEICで880点とった具体的な方法は
こちらの記事で解説しています🔻🔻
⇒ 英語赤点からTOEIC880点をとった方法


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。

今なら無料の電子書籍をプレゼント中です↓↓

→無料のメルマガ登録はこちらから

現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。


自分で稼ぐ力を身に着ける秘密が学べる電子書籍を無料で公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。

↓↓期間限定で無料の電子書籍↓↓
「ネットジジネスで年収2000万円を自力で稼ぐ方法」
無料プレゼント中です!

サンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。