20代で年収2000万円稼いでいる秘密を暴露する

年収2000万

こんにちは。
織田です。

今日は、
元々コミュ障でポンコツだった僕が、
どうやって
20代で年収2000万円稼いでいるのか、
その秘密を暴露しようと思います。

結論から理由を言えば、
僕は法則に乗っ取って
ビジネスをしているから
です。

もちろん、
初めからうまく行っていた
わけではありません。

そもそも僕はポンコツです。

どれくらいポンコツかというと、
それはもう、筋金入り。

例えば、
僕が昔働いていたイタリアンの話。

ゼリーを皿に盛り付ける時、
お湯で容器を温めて
カポって外すんだけど

「パスタ茹でてるお湯でやれば、
はえーじゃん! 」

って思ったらつるっと手から滑って、
パスタ茹でてるお湯の中にゼリーがin.

ピーク時で戦場のように
忙しいキッチンが
一瞬で静寂に包まれました(笑)

嘘みたいでしょ。(笑)
ふつーやらないですね。(笑)

しかも、コミュ障まで
こじらせていたものだから、
会社のお昼やすみが
めちゃめちゃ苦痛でした。

思い出したくもないのだけど、
会社の昼休みは
スタッフの休憩ルームがあって、
他の同僚は一緒に
お昼を食べているのに、
僕はその輪の中に入れずに、
一人でご飯を食べる、みたいな。

はじめの頃はたまに
誘ってくれる人もいたんだけど、
僕がすぐに黙ってしまったり、
みんなが笑ったタイミングで
愛想笑いしかできず。


場の雰囲気に乗っかることができなくて
僕からの発言がなくなり、
次回から徐々に誘われなくなる。
みたいなね。

飲み会とか同僚同士でやった
っていう話を聞くだけで
僕が誘われたことはなかったですね。

正直、どうしようもない奴って思いません?
けど、これはマジで本当の話。

だから、会社っていう組織に
属していることが居場所がなくて、
苦痛で、しかたがありませんでした。

思い出せば、僕のせいですよね。
うん、みんなは悪くない(笑)

さて、そんな僕も今年は29歳、
これも嘘みたいだけど、
今年の年収は2000万円まで行きそうです。

そんなポンコツコミュ障が
なんでそんだけ稼いでんねん!
って思うかもしれないんですけど、

それは、
僕は「ビジネスの法則」を学んだから。

 

ビジネスには法則がある。法則は学ぶことができる

「正しい努力は、報われる」

これは僕の持論なんだけど、
僕は師匠からビジネスを学んだ。

それまでは起業したくて、
けどどうしていいのかわからなくて、
まるで真っ暗闇の出口のわからない
トンネルをさまよっている感覚でした。

もちろん、
師匠から学んだっていっても、
そもそもポンコツクオリティ。
詳しくはこの記事で。
(→ ブログの理念と著者プロフィール)

初めの頃の師匠のラインの返信で、
めっちゃ覚えてるのが、

何を言っているのか わかりません。
まず自分でもう一回読んでから
ラインを送るようにしてください。

と言われるほど、
人に何かを伝えることが苦手でした。
まぁ、これくらいコミュ障ってことです。

そんな優しい師匠が
僕に教えてくれたのが
「ビジネスの法則」

法則というのは、
絶対不変だから法則と言いますよね。

ニュートンの法則。
フレミングの法則。
ユダヤの法則。

つまり、ビジネスの法則を学べば、

だれでも絶対に稼げるようになる

ということです。
だって、法則だから。

そのビジネスの法則とは、

価値を提供すること。

もったいぶっていてそれかよ。
何を当たり前な!

って思うかもしれません。

けど、
その正しいやり方を
本当の意味で知っている人が

めちゃめちゃ数が少ないっていうことです。

例えば、僕がやっているのは

ネットビジネス

というビジネスの業態なんだけど、

ネットビジネスで
5000円以上稼げている人は全体の5%

というデータが出ています。
つまり、100人いたら、5人しか
5000円以上稼げていないということ。

5000円以上だから
年収1000万円稼いでいる人は
もっと少ないでしょうね。

手前味噌ですが年収2000万円は
もっともっと少ないですよね。

日本全体でも
年収1000万円以上の世帯は全人口の4%
と言われているので、
僕の実績にも
説得力が出るんじゃないかと。

もちろん、人生はお金だけじゃない。
僕は

・お金
・時間
・人間関係
・健康
・生きがい

の5つの要素で人生の豊かさが
決まると定義しています。

しかし、
優先順位が一番高いのは、お金です。

そしてお金を稼ぐには
「ビジネスの法則」知る必要があります。

 

同じ時期にビジネスをはじめたAさんとBさんの話

 

ある二人の男性がいます。

二人とも独立していて、
同じ事業を同じタイミングで始めました。
ネットビジネスだとよくある話です。

A:よう、B、最近調子どう?

B : 全然だよ。
会社の人間関係が
いやで独立したっていうのに、
毎月の生活費もカッツカツ。
相談する人も守ってくれる
会社もないのが、
こんなに辛いとは
思ってなかったよ。お前は?

A : 俺?俺は絶好調だよ!
売り上げは右肩上がりだし、
しかも、
暇な時間はどんどん増えていくしね!
ほんっとに独立してよかったよ!
もう最高w

B :マジかよ。
同じ時期にはじめたのに、
信じらんねー!どうやってんの?

A :あんまいいたくなんだけどなー。
まぁ同期のよしみだしな。
内緒にしとけよ?
・・・ビジネスには、法則があるんだよ。

B :法則?

A :そう、法則。
これやれば絶対に勝てるっていう法則。

B :うさんくさ!
お前なんかやばいことはじめた?
んなもんあったら、
みんなやってんじゃん!

A :そういうこという奴ばっかりだから
言いたくなかったんだよ。
で?聞きたいの?聞きたくないの?
おれはどっちでもいいけど。

.B :まぁ、そこまでいうんだったら、
聞いてやるけど。

A :なんだそれ。まぁいいか。
ビジネスの法則っていうのは
人に価値を提供した量に
よって収入が決まる
ってこと。わかる?

B :そんなのみんな知ってるよ!
ホリエモンだって言ってたし。

A :みんなその程度の認識っていうこと。
価値をよりたくさん
提供するためにはどうするかって
ことまで考えない
んだよなー。

いいか?よりたくさんの価値を、
よりたくさんの人に提供するためには、
マーケティングと自動化が肝なんだ。
まずは適切な売り方を学ぶこと。

そして、そのサイクルを自動化すること。
そうすると時間が余ってくるから、
さらにマーケティングと自動化を繰り返す。
あとは自分がどこまで行きたいかって話。

売ることしか考えてないんだよ、みんな。
マーケティングをまず考えないし、
自動化なんてもっと考えない。

B:・・・・・。
どこで知ったの、それ。

A:内緒(笑)

いかがでしたでしょうか?
まとめていくと

・AさんとBさんは同じ時期にネットビジネスをはじめた
・Aさんは生活費もままならないのに、
   Bさんは暇な時間もお金も増える
・その理由はビジネスの法則を
   知っているか、知っていないかの違い
・お金はより多くの人に価値を提供した数値
・マーケティングと自動化のサイクルを回していけばいくほど、
   お金と時間は余る

ということです。

僕はこのBさんと
同じようにやってきました。
収入と同時に時間も余っています。
あとマイルも世界2周できる
くらい余っています(笑)

一般的に、
年収2000万円プレーヤーというと、
どんなイメージでしょう?

・商社で馬車馬のように
海外を飛び回る会社員。


・証券会社のバリバリの
接待だらけの営業マン。


・自転車操業で従業員の
毎月の給料の支払いに追われる社長。


・登録者数20万人くらいで
毎日プライベートもなく
動画を上げ続けるyoutuber

一方僕は、同じ年収2000万円でも

・毎日起きたい時間に起きて

・関東の田舎でのんびり暮らし


・毎週一回は妻とデートを楽しみ


・趣味で父と古民家を
DIYで改装してお店を建て


・ビジネスを教えてくれた師匠や
先輩と昼から夜通し飲みあかし、

そして二日酔いに苦しんで仕事を休む。

という、自由な人生を送っています。

この違いを生み出すのが、
「マーケティングと自動化」
知っているのかどうか、
ということです。

とはいえ、
僕も初めからうまく言っていた訳ではなく、
コツコツとこの仕組みを積み上げてきました。

カメラせどりでは日本一の実力と
言っても過言ではありません。
カメラの販売実績は2万件以上になりました。

カメラせどりのコンサルをやっていたこともあり、
コンサルをやるのなら

日本一のプレーヤーという
実績が必要だと僕は考えました。

人に教えるのに、自分が半端で
いるわけには行かないからです。

教える人の全ての壁を理解し、
最適解を伝えるため、
3年間、コンサルは応募せず牙を磨きました。

日本一のプレーヤーになるためです。

今はもうカメラせどりという分野で、
日本一だといえるし、
異論を唱えられる人はいないはずです。
もしいるなら、連絡ください。

日本一を目指すにあたり、
師匠から教えてもらい、
そして僕がさらに磨きをかけた、

「マーケティング×自動化」です。
これがビジネスの法則です。

これを知れば、負けるはずがありません。

このブログの理念は、昔の僕のように

出口の見えない真っ暗なトンネルを
さまよっている人の希望になる

ということです。
そのために、牙を磨き続けてきました。

師匠が僕にやってくれたように。

そもそも、うまくいかないのは、
あなたのせいではありません。

だれもビジネスの法則は
教えてくれないからです。

 

世の中は楽して稼ぎたいコンサルだらけ

なぜなら世の中のコンサルは、
自分が楽をしたいから、
コンサルをする
コンサルタントばかりです。

実力がなく、
楽して稼ごうとしかしていない。

5万円稼いだら、
5万円稼いだ方法を20万円で教えます。
そして20万円もらったら、
20万円稼いだ方法を
50万円で3名様に教えます。
私の実績は月収150万円です。

なんだそりゃ。
あなたが自力で稼げる実力は、
月収5万円だろう。

こんなコンサルばかりを見てきました。

しかし、僕は違います。

自力で年収2000万円を稼ぐ、
圧倒的な実績がある

ということです。

 

あなたにも、必ずできる。なぜなら、法則だから

法則は誰にでも適応できます。

法則を生み出す、ことは
一部の天才にしかできませんが、
法則は学ぶことができます。

知っているか、知っていないか。

違いはそれだけです。
知識が命運を分ける、
ということです。

そもそも、

挨拶の後の世間話に
何を話せばいいのかわからなくて、
世間話の話題をメモして
会社に持って行っていた僕
できたくらいだから。

あなたなら、必ず、できる。
だって僕にもできたから。

これ以上の根拠はない。
僕は、ポンコツ具合でも
日本トップクラスだからだ。(笑)

 

ポンコツだからこそ、マニュアル化が得意なんだ。

マニュアル化とは、
誰にでもできるようにすること。

ガストのオムライスは
どこで食べても、同じ味ですね。

だれが作っても同じ味になるように、
マニュアルが作られているから。

僕はポンコツが故に、
あらゆるミスを踏むことができる
才能を持っています(笑)

そして、
全てのミス・立ちふさがる壁に、
再発防止策をたてました。

故に、あなたがどんなミスをしようが、
僕は全てを経験しているし、
その解決策を教えることができる。

ポンコツでよかった!とは思わないけど、
人の役に立てることが多い
っていう意味合いでは、
よかったのかもしれないですね。

例えば、
僕が昔コンサルを行った人で
ナルコレプシー(突発性睡眠障害)の
Tさんという方がいました。

会社ではいつ眠ってしまうのかわからず、
普通に就職はできなかったそうで
わざわざ京都から東京まで
僕のコンサルを受けにきました。

初めてのコンサルは
LINEのインストール、
スマホの打ち方を
教えるところから始まりました。

京都までコンサルに行ったこともありました。

Tさんは今は旅行しながら仕入れをして
自由な人生を送っています。

憧れだったオープンカーを買い、

「旅行じゃないですよ、
仕入れです。仕事です」

「車も必要経費です」

とか、訳のわからない言い訳をしながら、(笑)
幸せそうです。

 

僕の理念は昔の僕のような人を救いたい

僕はコミュ障でポンコツで、
本当に本当に辛かった。

自分の居場所もわからなければ、

どこにむかっているのかもわからない。
ただ全力で走って、
いつも疲れ果てていただけ。

しかし、正解がわかれば、
前へどんどん進める。

頑張っている人が報われる社会になってほしい。

僕は本当にそう思っています。

僕の考え方に共感してくれたり、
何か僕から学べそうだなと
思ってくれたのなら、
こちらのメルマガで、もっと詳しい、
即あなたが使えるような話をしていくので、
よかったら登録してみてください。

→ メルマガに登録してみる

あなたの人生に少しでもお役にたてたら、
嬉しい限りです。

自分で稼ぐ力を身に着ける秘密が学べる電子書籍を無料で公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。

↓↓期間限定で無料の電子書籍↓↓
「ネットジジネスで年収2000万円を自力で稼ぐ方法」
無料プレゼント中です!

サンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。