妊活・妊娠・出産に向けてネットビジネスをやっててよかった3つの理由

pregnant

こんにちは、織田です。

今日は、

妊活・妊娠・出産に向けて
ネットビジネスをやってて
よかった3つの理由

について話をします。

 

僕の自己紹介を軽くすると、
ネットビジネスで起業して、
5年目になります。

現在の平均月収は150万ほど。
かなりの部分を仕組み化しているので、
労働時間はかなり少なめ。
一日平均2-3時間というところです。

 

現在妻が妊娠8ヶ月目になります。

なかなか子供も授からず、
1年ほど不妊治療も経験して、
ようやっともう少しというところです。

 

ネットビジネスで稼いでいる人は
数いれど、結婚して子供もいる
という方は意外と少なかったりする印象です。



スタート地点にもまだ立っていないですが、
ネットビジネスやっていて、
時間とお金と場所が自由で
ネットビジネスをやっていてよかったと
実感した理由について解説します。



妊活・妊娠・出産での
ネットビジネスのメリット
①時間の自由


時間の自由が効くというのは、
本当に一番のネットビジネスのメリットです。

僕は1年ほど不妊治療も行っていました。


妻の排卵のタイミングのときになったら、
毎回通院しなければいけません。

僕はまぁいいんですけど、


「これ、会社で働いてたら無理ゲーじゃん」

と切実に思いました。


理解が会って毎回毎回休みが
取れる職場ならいいですが、
排卵のタイミングも
予定しておけることではないので、
なかなかそうも行きません。



妻も正確なタイミングを測るため、
かなり通院をしていました。



1年経ってやっと妊娠だと
喜んだのもつかの間、
次は2週間に一回は
定期検診として病院に行きます。


妊娠初期はつわり、
妊娠中期になるとお腹も大きくなっていて、
妊娠後期になるとお腹が大きすぎて、
動くのも大変そう・・・。


そんな状態で


一人で病院行ってね」


というのも、酷だし、
病院は毎回送り迎え、付き添っています。


更に、家事の問題も出てきます。


妻は専業主婦でやってくれているので、
今まで家事は任せっきりだったのですが、
流石にそうも言ってられません。

しかも、妊娠後期に入ってから、
子宮頸管が短いということが発覚し、
運動はほとんど禁止。



かなり強めの安静状態を保つという
指導をされたので、
家事も僕がやることにしました。


もし僕が会社で働いていて、
夜8時とか9時とかに帰ってきて、
夜に掃除機かけて、
朝速く起きて洗濯して料理作って、
なんてやっていたら、
ほんとに身が持たないというか、


「絶対的に時間が足りないよなぁ・・・」


と思います。


さらにさらに、

出産直後は女性はものすごく体力を
消耗した後なので、
産後1ヶ月ほどは、まじで動けないし、
基本的に安静にしている必要があります。

僕はその期間は仕事はせず、
つきっきりで赤ちゃんと妻のサポートを
するつもりです。



うちはペットの猫が2匹いるし、
子育てとなったら、もっと忙しくなるし、
まじで時間の大事さを実感しました。


めちゃくちゃ大変じゃないか・・・・。


共働きで働きながら、
僕を育ててくれた両親への
感謝が止まりません・・・・。

妊活・妊娠・出産での
ネットビジネスのメリット
②お金の自由


僕は今現在は、稼いでいる方なので、
めちゃくちゃ贅沢をしなければ、
お金を使うストレスはあまり感じません。

僕も妻も、
不必要なものを買うのは
好きではないタイプです。



無駄遣いはしなくても、
まぁ、端的にいって、
妊活・妊娠・出産には、お金がかかる。

不妊治療は保険がきかないので、
一回あたり3万円かかるし、
定期検診などの診療代も、
補助が出るとは言え、軽く数千円かかる。
(うちは総額で50万円くらいかかったかな?)

しかも、不妊治療は
◯月◯日までには必ず妊娠します!
というわけにも行かず、終わりが見えないので、
金銭的にも精神的にも、結構負担は大きいです。


子供とお金どちらが大事かという、
天秤を傾けざるを得ない
状況になることもあるでしょう。

出産準備となれば、
子供用品を買ったり、
家事の負担を減らすため、
外食、お持ち帰りが増えたりと、
なにかと出費が多いです。

僕は、昔、まじでお金なかったので、
(月給14万円)
もしそんなときに、
これだけの出費があったら、
とても心穏やかではとても
居られなかっただろうと思います。

子供が可愛いくないとか、
大事にしてないという
問題ではなく、現実問題として、
お金と向き合う頻度は増えます。

妊活・妊娠・出産での
ネットビジネスのメリット
③精神的な自由


妻はもちろん、妊活・妊娠・出産という
ライフイベント中、
一番頑張ってくれる、主役です。

命賭けてくれてるわけだからね。


コウノドリという漫画で勉強しましたが、
出産は当たり前ではなく、
命がけの奇跡の行為です。

もちろん、身体への負担も
ハンパじゃなく大きいです。

ホルモンバランスが変わったり、
体調が悪くなったり、
そもそもお腹が重くて、
普通に立ち上がるのですら、
負担があるわけです。


もちろん、
機嫌がよろしくなくなる時があるのも、
わかります。

とはいっても、
四六時中24時間ずっと一緒だと、
お互いよくないこともあります。

僕はいま古民家を自分でDIYで改装した
自分の店舗兼事務所があるので、
本当に恵まれているなぁと実感しています。


僕は人間関係には適切な距離感が
めちゃくちゃ大事だと思っていて。


妻とは仲がいいし、
何でも話せるし、話し合えるし、
心を許しているし、
とても良好な関係を保っています。
(少なくとも僕はそう思っています。笑)


とはいえ、やっぱり、
物理的に距離が必要なことも
あります。


基本的に、僕はその日分の家事を
こなし、僕はお店に出勤します。


僕自身がテンションが上り、
落ち着いて一日を過ごせる場所が
あるというのは、


「古民家をDIYで改装しておいてよかったなぁ・・・」


と実感する日々です。



妊娠・出産は女性の負担がでかすぎる

女性は出産に命を賭けて望みます。


僕は仕事を死ぬ気でやっても、
死ぬことはそうそうありません。

妻の負担のほうが
圧倒的にでかいのも
理解しています。

実際、妊娠中・出産の労力・リスクは、
僕が一生経験できないくらい
大変なんだろうと。

それでも、もしも僕が会社で
週に5日働いていたとして、
全力でサポートできるかと言われると、
かなり疑問符がつきます。

僕の仕事の負担がそれほどでは
ないからバランス取れるけど、


平日くたくたになるほど働いて、
家に帰ったら家事をして、
家事をしてるのに、
完璧じゃないから文句を言われて、
(洗濯物や食器の洗い方とか)

朝早く起きて料理とかの準備して

と考えると、かなり恐怖ですよね。


喧嘩はしたくないから
我慢していても、どこかで
限界が来るであろうことは、
予想できます。


そうなったら誰も幸せにならない
喧嘩になっちゃいますよね。


時間とお金と場所の自由が効く状態は
お互いのために、
まじで良かったなぁと
思います。


僕はうさぎドロップという漫画が
大好きで何回も読み返しますが、
子育て中の世の中のパパ・ママって
毎日綱渡りの様な感覚
になりながら
生活してるんですよね。


ほんっっとうに世の中のパパ・ママは
頑張ってやってんだよなぁ・・・と。


それほど、
妊活・妊娠・出産の
時間的・金銭的・精神的な
負担はでかいと実感しています。

妊活・妊娠・出産の一連の流れを
僕は今、経験中ですが、
今ほどネットビジネスで

・時間の自由
・お金の自由
・場所の自由

を手に入れていたことに
感謝したことはありません。

結論:
早めにネットビジネスに
取り組もう


今はフラリーマンという言葉があるように、
家に帰りたくない旦那が多いそうです。

働き方改革で仕事が早く終わるのに、
家に帰りたくないから飲み歩いてしまう
サラリーマンのことです。

そして家庭では、
共働きで、子育てはほぼワンオペで、
家事も自分でやるゆえに、
旦那にブチ切れる妻が急増中とか。

そして更に旦那は家に帰りたくなくなり、
更に妻の負担が増え・・・・



という負のスパイラルが
社会問題になる今日このごろ。

早めに、というか今日から、
ネットビジネスで複業でもいいから
取り組み、生計を立てておくのを
おすすめします。

今後、ライフイベントとして、

子育てがあったり、
家を買ったり、
子供の進学があったり、
親の介護があったり
その後は自分の老後の生活があったり。

これからいくらでも時間とお金が
必要になるのが人生です。

ネットビジネスは豊かな人生を送る上で
必要不可欠なものです。

Today is the first day of the rest of your life.

今日という日は、残りの人生の最初の日である。

チャールズ・ディードリッヒ

何かを始めるのに、
常に今日が一番早い日です。

今日からネットビジネスに取り組んで、

時間と
お金と
場所の自由


を手に入れておきましょう。


「ネットビジネスってなにやればいいの?」


という具体的な方法は
無料メルマガで配信しています↓↓


少しでもネットビジネスに興味をもって、
自分の本当に望んだ生活を
送れる人が増えればいいなと思っています。


最後までお読みいただき、
ありがとうございます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。

今なら無料の電子書籍をプレゼント中です↓↓

→無料のメルマガ登録はこちらから

現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。


自分で稼ぐ力を身に着ける秘密が学べる電子書籍を無料で公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。

↓↓期間限定で無料の電子書籍↓↓
「ネットジジネスで年収2000万円を自力で稼ぐ方法」
無料プレゼント中です!

サンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。