ブログの理念と著者プロフィール

プロフィール

初めまして!
織田と申します。

まず、お前誰だよ!ってなると思うので、
自己紹介をさせてください。

僕は

20代で年収2000 万で
1日24時間自由な生活を送っています。

時間も余って暇なので、
自分で古民家をDIYで改装して
カフェを建てています。

民泊も経営しており、
カメラショップも経営しています。

暇なので
カフェのオーナー(2020年予定)でもあります。

お店は趣味でやっています。

手作りのウッドデッキで、
昼からビールを飲みます。

なんでそんな生活ができるのかというと

・カメラのネット販売
・ブログを書く(情報発信)

ということでお金をいただいています。

僕は、24才の時に起業しました。
フリーランスを経て、株式会社を設立し、
現在は起業して5年目です。
2019年現在、29歳です。

今年の年収は約2000万円
ほどまでいきそうです。
(去年は1200万円くらい)

なので僕が何している人ですか?
って質問されると、

・民泊オーナー
・カメラショップオーナー
・カフェオーナー(予定)
・ブロガー
・自由人

ということです。

今の夢は、
隣の土地を買って、
温泉を立てることです。

温泉オーナーも予定に加えておきましょう(笑)

僕は今まで全ての夢を叶えてきました。
僕の中での夢とは、予定です。

きっと将来的に僕は
温泉のオーナーになっていることでしょう(笑)

現在の生活は、
休みたいときに休むし、
仕事は楽しいし、
趣味は充実してるし、
自由な生活を送っています。

箇条書きで僕の日常を紹介します。

✅ 朝は起きたい時間に起きる
✅ みんなが休みではない、
     平日に休んでお出かけをする
✅ ビジネスを学んだ師匠や
     仲間と昼間からひたすら飲み明かす
   (二日酔いに苦しむ)
✅ 日常生活では値札を見ないで買い物をする
✅ どこでも仕事ができるので
     実家のある関東の田舎で
     のんびりと暮らしている
✅ 月に2回はお気に入りの
     イタリアンレストランへ食事
✅ クレジットカードでポイント生活。
    マイルは世界2周できるくらい余ってます(笑)
✅ 妻は専業主婦、両親に仕送りと豊かな家族生活

とまぁ、一般的に言っても、
主観的に言っても豊かな生活です。

20代で年収2000万円!なんて聞くと
ちょっとすごそうですが
先ほど少しだけお話しした通り、
実は僕はもともと、
とんでもないポンコツです(笑)

今でこそ、毎日が日曜日と言っても
過言ではないような状態、
仕事中でもyoutubeや
アニメを見ながら
仕事していますが(←おい)
元々は自己肯定感がめちゃめちゃ低く、
コンプレックスの塊でした。

ちょっとお話しするのが恥ずかしいレベルでした。

・ほぼ童貞
・女性が苦手
・月収16万(手取り13万)
・借金150万
・コミュ障
・ひどくポンコツで要領が悪い

と、控えめにいっても、
結構やばい人間でした。

人生が全く思い通りにいかない。

普通に生きるのって、
難易度めちゃめちゃ高けぇ・・・。

自分のことが、
大嫌いでした。

このままじゃいけない。

けど、どうしていいのかがわからない。

そんな風に真っ暗のトンネルの中を
迷子のようにさまよっていたのを、
強く強く覚えています。

そもそもパソコンは持っていなかったし、
友達もいないので、
ケータイはずっとガラケーだったし、
SNSは「アカウントってなに?」
というレベル。

働きたくないので、
ニートをしていました。
食べるものにも困るほどに
お金がなかった時もあります。

ニートになった理由も、
元々自分が入りたくて入った飲食店で、
あまりのきつさに就職して
9ヶ月で辞めてしまうという。

人見知りなくせに、
人にはよく見られたいので、
見栄と去勢をはってばかり。

そんな中、いい加減、

自分の人生ってなんなんだろう?
こんなはずではなかったのに。

という思いがついに爆発し、
独立に向けて本気で努力をはじめました。

人生を変えたくて、
それからというもの
「正しい努力」を積み上げてきました。

このブログのコンセプトはビジネス
自分の力でお金を稼ぐ技術を学び、
本当の豊かで自由な人生の掴み方を
あなたにお伝えすることです

人間の豊かさは5つの要素で成り立っています。

豊かな人生を送るための5つの要素
・お金
・時間
・人間関係
・健康
・生きがい

この5つの要素であなたの
最適値が取れていることが必要です。
どれか一つではありません。

例えば、
365日が自由な時間であっても、
貧乏でお金を使えず、
心を許せる友人もいなくて、
病気で歩くのもままならない。

これは豊かな人生とは呼べません。
いくら自由でもこれは不自由ですよね。

また最適値とは、自分に必要な形なので、
人間関係と一口にいっても、
深く数人と付き合っていくのが
理想の人間関係の人もいるし、
知り合いがたくさんいるのが
幸せという人もいるかもしれません。

・お金
・時間
・人間関係
・健康
・生きがい

この5つの要素のバランスです。

しかし、気をつけなければいけないのは

優先順位がある

ということです。

一番優先順位が高いのはお金です。

なぜなら、お金が前提で
他の4つの要素を
手に入れやすくなるからです。

お金で時間を買うことができる。

完璧に変換できる訳ではありませんが、
お金があれば、
時間を短縮する行動をすることができます。

新幹線に乗る、
飛行機に乗る、
メイドさんを雇うetc…

などですね。

時間の方が大事だ!
っていう方もいますが、
お金なければ、
何もできないのが資本主義。

娯楽にもお金はかかりますし、
生活するにもお金はかかります。

人間関係を選ぶことができる。

会社で嫌な上司がいる。
ムカつくお客さんがいる。
けど、我慢しなければいけない。
それは、会社を辞めると
生活するお金を稼げなくなるから。

もし、お金に困らなければ、
さっさと会社をやめて、
自分の趣味のテニスサークルとかに通ったら、
もっといい人間関係を作ることもできますね。
お金があれば、
人間関係を構築する場所を選ぶことができます。

健康の維持にはお金がかかる。

健康の基本は食と運動。
食費を抑えようと思うと、
カップラーメンやハンバーガー、
食パンやスナック菓子など、
ジャンクな食材になります。
オーガニックの食材は高いですね。
健康にも、やっぱりお金がかかります。

生きがいにもお金がかかる。

例えば僕は今生きがいの要素としては、
父と一緒にDIYで古民家を改装して、
カフェを作るってことをやっています。
けど、材料費もタダじゃない。もちろん、
趣味でやっているので、
その間に給料が発生するわけではない。
やっぱりお金がかかるんです。

豊かな生活の構成要素は5つのバランス。
これは確信を持って言えますが、
けれど事実として
お金の優先順位は高い。

ということを理解する必要があります。

なぜなら、今の社会は資本主義だから。

たまに、人生はお金じゃない!
なんていう人もいますが、
僕らは資本主義というゲームに参加してます。

僕から見ると人生
お金じゃないって言っている方は

サッカーのコートの中で、試合中に
「ボールを蹴るなんておかしいよ!」
と叫んでいるのと等しい行為

だと思っています。

だって、お金を使っている時点で、
資本主義というゲームには
参加しているから。

もし嫌なら、コートから出ればいい。
(お金を使わず、自給自足で暮らせばいい)

それはなかなかに厳しい選択でしょ?

だから、お金を稼ぐ優先順位を
あげるべきなんだ。

だって、

あなたの大切な人が病気にかかったら?
両親の介護費用は?

人生金じゃない?

いやいや、違います。
ぼくはそんなことは言っていません。

人生、金だけじゃない。

お金は、大事なんですよ。
自分の大事なものを守るために。

僕はビジネスを全くの0から学んで、
今はある程度まとまった
お金を稼げるようになって、
このことを学んだんだ。

そして、学校でも、職場でも、両親も、

お金の重要性と、
豊かに生きるための5つの要素を
誰も教えてくれなかった。

教えてくれたのは、僕の師匠。

ビジネスの師匠であり、人生の師匠。
もしも、この人と会っていなかったら、
僕は今現在もまだ、

人生という将来に希望の持てない
真っ暗のトンネルを大逆走していた

と思います。

ありがたいことに、
僕は今、
とても豊かに幸せに暮らしています。

そして、
僕が師匠から
やってもらったのと同じように、

人生に絶望し、将来に希望も持てず、
ただ何をやっていいのかわからず
真っ暗のトンネルを歩いているあなたに

本当の豊かな人生を送る方法を伝えたい。

と思っています。

そして、僕がこのような活動をする上で、
僕のリアルな物語をあなたにお伝えしておくと、
より鮮明に、より理解しやすく、
あなたに僕の伝えたいことを伝えられます。

なので、とても恥ずかしいですが
少しだけ、僕の物語を共有させてください。

———–織田の物語————-

まず、初対面の人が大体は

織田信成に似てる

って言います。

いや、べつにいやって
訳じゃじゃないんですよ?
本当に。

けど、イケメンかイケメン
じゃないかっていうと・・・。
いや彼もかっこいいんですけども・・・。

それ、ほめてなくねwww

って、いつも心の中でつっこんでますww

織田の中学時代

まず、中学生時代のぼく。

女の子が大の苦手でした!!

もう何話していいかわかんないし、
自分に自信ないし、
恥ずかしくて女の子の名前呼べないし、
おまけに 166cmにして
76キロっていうデブ。
さらにはオタクでございました。

女子からの評価は、最悪、
という言葉では生ぬるい。

言葉では言い表せないレベルです。
やばい、今思い出しても涙が出てくる。

そんな風に自分が悪いのに全ては環境のせいだ!
と思っていて、

高校にさえ行けば・・・・
きっとバラ色な 高校生活が・・・・

と根拠のない妄想を膨らましていました。
しかし現実はそうもいきません。
高校に行っても
恥ずかしくて高校デビューもできません。

高校はみんな青春を謳歌していましたが、 僕は

自分の机と、
ずっといちゃいちゃしていましたwww

あれです。休み時間になると机に突っ伏して
音楽聴いて、
俺寝てるから話しかけないで、

的な空気出しちゃってる奴。

ただ単に、

休み時間に話す相手が
いなかっただけだけどね!!!!

俺だって机じゃなくて
女子とイチャイチャしたかったよ・・・。

クラス内で引きこもり。
机だけとは、 すげーラブラブでした。

もう結婚する勢いですwww

よくいるでしょ?

高校生の時、
ずーっと机に突っ伏して 一日終わる輩。

あれですww
僕のファーストキスは高校の机です。

女子ファーストキスとしたかったよ・・・。(泣)

学園祭なんて、友達いなすぎて、

一人で回っていました!!!

みんな楽しそうだったよな。

一人で回る学園祭は、
全然面白くなないんだけどね!!!

だって華の高校生時代ですよ、ふつうは。

地元やクラスや部活の仲間は
どんどん彼女ができていました。

高校の友達もどんどん
初体験を済ましていきました。

しかし、 ぼくは女の子と話すこともままなりません。

そのおかげで、
1人で黙々と自分を慰めるのは
天下一品だったと自負していますwww
(主に下の意味で笑)

そう、黄金の右手です。

そんなぼくは、
日本の高校にどうにもなじめず、
逃げるように海外留学を決意します。

理由は一つ。

モテたい!!!!

だって、英語話せたらモテそうじゃないですかwww

そんなぼくの地獄の海外生活が、始まります。

 

地獄の海外留学編

りたいことが、あるんだ….

とか周りには言いふらしてました。

留学先はアイルランド。
マイナーなところを選びました。

けど、心の中で思っていたことは
ただひとつのことだけでした。

帰国子女って、
モテるんじゃない?????


はい、勘違い野郎です。
大きな大間違いですね。

当然海外に行ってもモテるわけもなく、
それでもモテたくて、ギターを始めてみました。

当たり前ですが、やっぱりモテませんww
すぐにギターは辞めました。

もはや今思えば、

考える人  

完全に鬱状態ww  
メンヘラっすよね。もはや。

ていうか、そもそも、

日本語ですらコミュ障で
女子と話すことすらできないのに、

英語でできる訳ないっつーの!

大きな、誤算でした。

ホストマザーもめちゃめちゃいい人だったんですが、
うまく会話もできず、本当に迷惑かけたよな。

今思えば、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そんな織田、留学する理由でもあったんですが
命令されると頭痛が止まらない 
という天から授けられた特性を持っております。笑

留学した理由も、
モテたいのはもちろんだったんですが、
教師が説教してくるのが耐えきれない!
(はい、もちろん説教されるほどに
学校の勉強もできませんw)

怒られると頭ガンガンしてきちゃうんです。
もはや、アレルギーww

説教アレルギーです。

学生時代からこれだけ命令や
束縛されるのがいやなのに
会社で働くって、

これは、、、無理じゃないか??????

という結論に至り、とにかく

起業だ!!独立だ!!
社長になる!!!
誰にも説教も命令もされたくない!

ていうか、社長になったら、
モテるんじゃないか?www

はい、勘違い、お疲れ様です笑
とにかく、起業する手段を探し始めました。

しかしその頃の僕は高校生。
どんな選択肢があるかはわかりません。

そして、そもそも頭がよくありません。

起業といえば、やっぱり飲食でしょ☆
って感じで、
飲食店をやることに決定☆

地元でお店開いたら、

きっと地元のみんなから、尊敬される!

ひいては、

モテモテかも!!!

はい、僕の行動原理は、すべて、
モテたいということで一貫性を保っています。

飲食店やるにも何料理が
いいかなーって選んだら、
ちょうど向こうの高校の家庭科の授業で
超簡単パスタってのをやったので、

イタリアンって、
モテるんじゃないか?????

っていう理由で日本に帰って
料理の専門学校に通うことになりました。

うーん、我ながら、
ブレないなー
(笑)

なんて単純な勘違い野郎(笑)
めでたい頭してやがりますwww

天国の専門学校編


モテたい!!!!
 

単純かつ強力な理由で
料理の専門学校に入学した織田。  
いやー、予想外の
副産物があったんです、これがまた。

織田が通っていた専門学校、  
男女比率が200対10
パラダイス!!!

l

(※母校ではありませんww)  

だったんですねwww
嬉しい誤算です。

高校時代の青春を取り戻すべく、

とにかく  
彼女がほしい!!!!
の一心でした。  

そんな中、同じクラスで出会い、
付き合うことになったSちゃん。  

チビデブコミュ障で
モテないくせにチャレンジ精神だけは
旺盛な僕はも飲み会帰りの番号ゲットから  

奇跡の人生初彼女ができました!!!!!  

広末涼子と加藤愛を足して2で割ったような美人!

広末 加藤愛

※頭の中で合成してください

すばらしき学生時代。
と天にも昇る気持ちで付き合いました。  

今思えばマジで奇跡としか
言いようがないですねーww
Sちゃん、何を考えてたんだろうか。  

しかーーーーし!!!  

中・高と女の子が大の苦手で
女の子と話してるだけで緊張する僕。  
そもそも小中と女子の名前を呼べないくらいです。
↑コミュ障こじらせすぎ(笑)

普通に話していても挙動不審、
変な汗が出てくるわ、
どもるわ、
滑舌と声の質が悪くて
何ていったの?ってよく聞き返される織田。  

うまくいくはずがありません。

ほんとにSちゃん、
なんで付き合ってくれたんだろ。

織田はどんどんどんどんSちゃんのことが
好きになりました。  

そばにいてくれることが当たり前になり、
束縛し、わがままを言い始めるぼく。  

Sちゃんはいつも ご飯作ってくれたり、
掃除してくれたり、
ダメなところはちゃんと叱ってくれたり、
ほんとにほんとにいい子でした。  

今思えば、女の子の扱いも全く分からないので、
デートに行っても楽しませてあげられるとか、
スマートにエスコートできるもなく。  
それでも、そばにいてくれていたSちゃん。  

そんな優しかったSちゃんは、
なんと8カ月もお付き合いを継続しました。

栄養の勉強もして、
Sちゃんと一緒にちゃんとした食事もして、
76kgあった体重は63kgまで
健康的にダイエットすることもできました。  

それも、すべてSちゃんのおかげです。 

本当に、いい子でした。  
たくさんのものを与えてくれました。  

しかし、ダメダメの織田は調子に乗り始めます。  

俺には起業っていう
でっかい夢があるんだから、
デートしている暇はない!!!

という理由でバイトをいれにいれまくり、
忙しくてだんだんと
会えない日が続いて行きました。

人間は当たり前に慣れ、
目の前にあるもののありがたみを
感じられなくなる生き物です。。。

別れ話を切り出され、その時は仕事!と
一生懸命でよかったんですが、
空いた時間には心にぽっかりと穴が空いたような、
寂しさが襲ってきました。

やっぱりSちゃんともう一度やり直したい!  

Sちゃんに連絡を取ってみました。

しかし、もちろん、
そんな優しくてかわいいSちゃんは、  

すでに別の彼氏と同棲していました。  

当たり前だよね。だっていい子だもん。
本気で、泣きました。

そして、Sちゃんは、

織田君には夢があるんだから、
ちゃんとその夢をかなえてね。
わたしが振られても、
仕方なかったってくらいの
かっこいい男になってね  

僕は、また、泣きました。

そして僕は決意しました。

Sちゃんは幸せにやっている。  

あの時、Sちゃんよりも優先した、僕の夢。

自分の夢を叶えるため、 独立する!!!!!

と、決意しました。 

やりたいことをやりつくす人生にする!!  

改めて起業を夢見る織田の誕生です(笑)

どん底の社会人編

甘酸っぱい思い出と、
新たな決意とともに
専門学校を卒業した織田。

専門学校に在学中も
バイトしていたイタリア料理店で働き始めます。

殴られる
蹴られる
怒鳴られるわの3拍子。

フライパンで殴られかけたこともありました。

けどそれも仕方ない。
僕はそもそもポンコツです。
フライパンで殴られそうになったのは

僕がデザートのゼリーをパスタを茹でる釜に
落としてしまったからです。

しかも、めちゃめちゃ忙しい営業中のピーク時です。

飲食店のキッチンをやってる方は想像できると思いますが、
ピーク時のキッチンは戦場です。

そんな中、
デザートに盛り付けるゼリーはお湯につけると、
カップに接してる部分が溶けてカポって外れるので、
それをお皿に盛り付けるわけですね。

それをめんどくさいので、
パスタ茹でてる釜のお湯でやったわけです。

そして・・・つるっと滑って、
ゼリーはパスタのお湯の中へ・・・。

戦場に沈黙が訪れました。

ありえないような、
嘘のような本当の話です。

僕なんでそんなことやったのか、
いまだに信じられません。

僕がポンコツなのは
ご理解いただけたかと思いますが、
それは置いておいても
飲食業界の待遇はやっぱり厳しい。

給料は保証なしでの16万円。
手取りにすれば13万円ほどです。

朝8時から22時まで毎日働き、週休1日。
忙しい時は休憩も取れず、
週一回のお休みもないときもありました。

なんでそんなに仕事をがんばれたのかというと、
これもSちゃんのおかげです。

Sちゃんは仕事に対しての
責任感がすごく強い子でした。

学生のアルバイトにも関わらず、
お店を任せられるほどで、
社員さんよりも遅く仕事場にいて
締め作業をしていることもありました。

アパレルだったので、
仕事もきつかったのでしょう。
あまりきつさを見せてはくれませんでしたが。

アルバイトなんて、所詮バイトでしょ?

なんて甘いことを言っていた僕に対して、

織田くん、アルバイトだって
お金いただいてるんだよ?

そして他のバイトの子だって、
社員さんだって、

頑張って仕事してるおかげで、
服もすぐに買えるし、

ご飯だってすぐに食べられるんだよ?
私だって、
できることはきちんとやらないと。

と僕に言いました。

僕の仕事に対する価値観を、
全く逆転してくれたのもSちゃんです。

僕はそれから仕事に対して、
きちんと向き合うようになりました。

将来の夢・独立起業に向け、
やっとまともになってきたかと思う織田。

かと思ったのもつかの間
しかしやはり、
ぼくはどうしようもないやつです。

ある日・・・・・

労働時間の悪さ、
給料の低さ、
そして理不尽さに
我慢の限界がやってきました。

初就職は9ヶ月で退職となりました。

こうして改めて書くとホント僕は
どうしようもないですね。

飲食はやりたいけれど、
ぼくは時間とお金、
健康と人間関係、そして生きがい。

すべてを手に入れたかったんです。

しかし考えが甘かった!!!

お金がないニート生活

勢いでやめたのはよいのですが
そこから、地獄のような生活が始まります。

まず、お金がなくて食べるもの買えません。

一番驚いたのはクレジットカードです。
支払いが次の月に
くることを知りませんでした。
(↑どんだけだよ笑)

生活していたら、いきなり、

え、お金が減ってる!

恐怖を感じました。
銀行の残高も含めた全財産は2万円。

それで1ヶ月を過ごさなければいけない。

一食を100円以下に抑えるため、
カップラーメン生活は当たり前として、
業務スーパーで一食20円のそば、
閉店直前のスーパーの半額のお惣菜を
買いあさって冷凍していました。

なんで、俺ばっかりこんな目にあうんだろう?
この生活がずっと続くのか?

といつまでもこの生活が続くのかという恐怖。
あともうひとつ。

お金がないと人は惨めになる。
そして性格が歪んでくる。
ということを学びました。

人を傷つけるモノが三つある。
悩み、いさかい、空の財布。
中でも空の財布が最悪だ。
ユダヤのことわざ

僕はお金がないことのひもじさ、
侘しさ、切なさ、渇望感を学びました。

全部自分の選択なんだけど。

そして、
二度とこんな思いはしたくない、
と決心しました。

飲食店・ファミレス・ホテル・英語講師と
さまざまな仕事を掛け持ちしました。

田舎のフリーターは厳しかったんです。

働ける時間が安定しない。
働ける場所もそんなにない。

田舎は車がないと移動もままならず、
派遣の仕事では、派遣先まで同じ派遣の先輩に
車に相乗りさせてもらい、
働く場所に行くこともありました。

車にいちいち乗せてもらうのも
申し訳なかったし、惨めでした。

いつもお腹をすかせていたので
お弁当の支給が
とても嬉しかったのを覚えています。

月末の給料日前、
通帳も合わせて
全財産200円のときもありました。

10円単位で支出の計算をしていました。

食べるものがなさすぎて、5キロ痩せました。

たまに母親が持ってきてくれる、
米がどれほどうれしかったことか。

しかし、フリーターというものは
フルタイムほど入れるわけではないので、
時間には余裕ができてしまいます。

少しでも生活費が余ると
なけなしのお金で本を買いあさりました。
(人生を変えたい一心での自己投資です)  

読みまくりました。
ノートに書き起こしまくりました。
マインドマップに書きおとしました。
自分で呪文のように唱えました。
欲しいものの写真を壁に貼りまくりました。
お金の大切さを実感しました。
時間の大切さも実感しました。
世界の広さを知りました。
常識がどれだけ儚いものか知りました。
自分の人生についても深く考えました。
世の中には裏技があることを知りました。

人間が幸せを感じる定義。

時間、お金、健康、人間関係、生きがい

すべてがあったら、どれだけいいだろう??
しかし僕の現実とのギャップ。

明日のごはんにも困る始末。

いやー、キツかった(笑)

将来に絶望しながら、
真っ暗のトンネルを出口がわからず
大暴走しているような感覚です。

最悪の貧乏生活。

そんな中、本の中では、
お金・時間・健康・人間関係・生きがい。
すべてを持っている人たちがいる。

食費も削り、本を読みまくり
この現実を知った僕は衝撃を受けました。

それから
お金・時間・健康・人間関係・生きがい
全てを自由に手に入れられる
ライフスタイルを求め始めます。

絶対に経営者を目指そう。

改めて、決意しました。

大社長に、俺はなる!!!!
(ワンピース風)

しかし、経営者は数多くいても、
時間も両立して持っている人は少ない。

しかし 世の中に、時間もお金も持っている、
そういう類の人間は、いる。

絶対に、
そっち側に行きたい!!!!

金も時間も、すべてを手に入れてやる!!!
固く、決心しました。

人口の少ない田舎では限界がある。

ビジネス・・・・といえば・・・・

東京だ!!!

という妙な確信を持ち上京しました。
本当にいろんな出会いがある東京。

上京そして師匠との出会い

上京。
目的は、とにかく独立起業すること。

しかし、そもそも上京するお金がない。
両親から200万円の借金をしました。

本当にここがラストチャンスだと
思っていたのですね。
人間は追い込まれると
思いもよらない行動に出ます。

上京してあっという間に3ヶ月。
東京、憧れの東京。

しかし、物価が高いし、
遊ぶところがありすぎて、金がかかる!!!

みるみるうちにお金が減っていきました。
(全然懲りてない奴)

なんでもいいからとにかく就職して、
日銭を稼がなければいけない。

このままだと、まずい。
近々お金も底をつき、
実家に帰らなければいけない。
それ以前に、結果を出さずに帰れるはずかない。

これでだめだったなら

一生会社員として働き、
毎月一万円ずつを
両親に返済する生活をする。

という約束でお金をかしてもらったので
このまま終わるわけにはいかない。

お金がない生活はもう御免だ。
他の手段を探さないと。

人生を賭けて出てきた東京。

そして、師匠のカメラの
ネット販売のセミナーに申し込みました。
これが、僕の人生を変える出会いになります。

はじめは、胡散臭いなぁ・・・
怪しい人だったら即帰ろう。

と思いながら、セミナーに申し込みました。

だって、稼げる方法を教えてくれるって。
怪しすぎるでしょ。笑

けど、僕は切羽詰まっていて、
藁にもすがりたい思いでした。

新宿の紀伊国屋前で待ち合わせ。

「織田くんですか?」

と話しかけられました。

「はい、そうです」
(よかった!普通っぽそうな人だ!!ヤ●ザみたいなのがきたらどうしようかと思った!)

「では、そこのエクセスシオールカフェでお話しましょうか」

ということで、初めましてから、カフェに移動する、
道すがら、出会って1分で、その人は言いました。

人生とはDiscover、発見です。
Dis(はずす)Cover(カバー)、
自分のカバーを取り外していくのが、
人生なんですよ。

あ、この人についていこう、
と確信しました。(笑)
↑ちょろすぎ

結果としてこの直感は、
めちゃめちゃ正しかったんですけど。

運命の日

とはいえ、
やっぱりここはヘタレの僕。

師匠の講習に申し込んだはいいんだけど、
このままカメラのネット販売を
続けていくのかどうか、
本当に稼げるようになるのか、
半信半疑でうだうだしていました。

師匠はめちゃめちゃよくしてくれて、
なんども飲みに行ったり、
ご飯に行ったり、
カメラの販売のノウハウだけではなく、
コミュニケーション術も教えてくれました。

しかし、いい加減生活費もままならず、
お金も無くなりそうな時に、
師匠に相談のラインをします。

織田:師匠、そろそろ、
お金も
無くなりそうで、
実家に帰らなければなりません。
僕はどうしたらいいでしょうか?

今思えば、
なんて甘ったれた質問でしょう。

——–以下、師匠からの返信ライン——

織田君。いい加減にしなさい。
そのままじゃ何も変わりませんよ。
前々回の講習から今日まで、
なんの進歩もありません。
私は織田君に教えられることは
全力で教えています。
織田君の成長の為に
全力で向き合っています。
それなのに何の成長もない
織田君の姿にがっかりです。
おとといの講習でも
何度も言いましたよね?
東京に来たってそんな考えでは
絶対に成功なんかしません。
僕がかかわった以上、
必ず結果は出してもらいます。

ketudann

織田にぐっさりささるメッセージが
師匠から来ました。

俺が東京に来た理由?

そうだ。お金も、時間も、
すべてを手に入れるため!!!

そのためなら、やりきります。

そして僕は、
カメラのネット販売の方法と
ブログで好きなことでお金を稼ぐ方法
を学び
本気で取り組みました。

どんなビジネスでも可能。

→ 初めての一人での仕入れの様子

とにかく師匠から
カメラの販売とブログでの情報発信の方法を
学びまくる毎日でした。

それからは順調に利益を伸ばし、
(開始から9ヶ月めで月収100万円突破)
それまでとは考えられないほど、
自由な生活になりました。

ブログでの収益も年間150万円ほど
になりました。

こういう話を疑う人もいます。
けど、その人と僕が違うのは、
僕は信じた。

自分は信じられなかったけど
師匠を信じた。

今では年収は2000万円まで持ってきた。

師匠から教えてもらった、

カメラのネット販売とブログでの情報発信を
組み合わせて、
今は本当に豊かな生活を送っています。

紆余曲折も試行錯誤も、
辛い経験もあったけど、
ビジネスの法則を学び、

・お金
・時間
・人間関係
・健康
・生きがい

の全てをかなりいい線で手に入れた。

僕は今、とても幸せです。

————-織田の物語終わり—————-

 

改めて、ブログコンセプトのおさらい

僕のブログでは、
豊かな人生を掴むために必要なのは
5つの要素だと定義しています。

・お金
・時間
・人間関係
・健康
・生きがい

しかし、まずは一番優先順位をおくべきなのは、
お金です。

お金は、他の4つの要素を埋めるために、
必要不可欠なツールだから。

この考え方をベースにしてお読みいただけると、
僕の考え方を、
より理解していただけると思います。

こうしてたまに僕のお話をすると、

[織田さんは、言ったって、
もともとできる人だったんでしょ?]

と思う方がいらっしゃいます。

僕の答えは、すでにお伝えした通り。

まさか(笑)
そんな風に生まれたかったよ(笑)

僕のポンコツぶりに、
上司も怒るのを通り越して、
呆れ果てて、
怒られなくなったくらいだから。

そして、コミュ障で
人間関係が大の苦手な僕でも
成功できるのが、
ビジネスの法則を適応しやすい
ネットを使ったビジネスです。

今この世界ではネットを
使った仕事はほとんどないほど、
ネットを使った仕事は浸透しています。

しかし、本当のネット使い方を
知っている人はほとんどいません。

僕がここまでやってこれたのは、
「ネットを使って自分の力で稼ぐ法則」
教えてもらったから。

法則というのは、
絶対不変のものだから、
法則なんだ。

重力もニュートンの法則。
フレミング左手の法則。
ユダヤの法則。

行動の結果は法則に乗っ取れば、予測可能。

つまり、

法則を知れば、
ビジネスにおいて失敗なんて、ありえない。

そして、それを可能にするのが、知識です。

法則を一から見つけるのは、
とてもとても難しいことです。
それができたらノーベル賞ものです。

それはなかなかに難易度が高いですね。
けれど、法則は学ぶことができる。

あなたは、僕らは、
これまでビジネスの法則なんて
知らなかっただけです。

なぜなら、
それはあなたのせいではなく、
戦後、日本ではビジネスの
教育をしなくなりました。

もともとは家業や農業など、
自分でビジネスをするのが
当たり前だったのに、
サラリーマン大国になった。

だから、誰もビジネスを教えられなくなりました。

あなたのせいではなんです。
教育のせいなんです。

僕は、師匠に

お金の稼ぎ方の法則

を教えてもらいました。

・カメラのネット販売
・好きなことでお金を稼ぐ
ブログでの情報発信

という手段も教えてもらいました。

人生に絶望したコミュ障ニート

というどん底から救ってくれたのは、
ぼくの師匠です。

だから、僕も同じことを、
誰かに、あなたに、お伝えして、
少しでもあなたの力になれたのなら、
こんなに嬉しいことはありません。

改めて

このブログのコンセプトは
自分の力でお金を稼ぐ技術を学び、
本当の豊かで自由な人生の掴み方を
あなたにお伝えすることです

なぜなら、僕は同じことを師匠に
やってもらったから。

師匠に恩返しするのは当然だし、
この流れを僕で滞らせてはいけない
と感じています。

僕が次にやるべきなのは、

恩渡し

です。

そして

自分の力で稼ぎ、
好きなことを仕事にし、
本当の意味で自由な人が増え、
この社会が、世界がもっと面白く、
楽しく、自由になって行ったら、
とても楽しそうじゃないですか?^^

そんな一助になれるように、
僕はこうしてブログを書いています。

僕のメルマガでは、
より掘り下げて、

・お金
・時間
・人間関係
・健康
・生きがい

をベースにした
自分の力で稼ぐ方法、
そして、
本当の意味での豊かな人生の掴み方
を発信しています。

無料なので興味のある方は、
ぜひ登録してみてください。

僕が師匠から学んだこと、
さらに僕の経験から気づいたこと、
ブログでは書けないような、
より本質的なお話を、
メルマガの中だけで、お話しします。

→ メルマガ登録はこちら

こちらも人気の記事なので、
合わせて読んでみてください。

→月収200万円突破!カメラせどりは限界です…

→ 25才年収1000万円プレーヤーが解説する独立・起業の最短ルート

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

自分で稼ぐ力を身に着ける秘密が学べる電子書籍を無料で公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。

↓↓期間限定で無料の電子書籍↓↓
「ネットジジネスで年収2000万円を自力で稼ぐ方法」
無料プレゼント中です!

サンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です