ブログの理念と著者プロフィール

プロフィール

初めまして。織田です。

まず、お前誰だよ!ってなると思うので、
少しだけ、自己紹介をさせてください。

僕はそもそも、チビでデブでコミュニケーションが大の苦手。
(特に女の子との)
仕事も続けることができず、フリーター、ニート。

人生が全く思い通りにいかない。
普通に生きるのって、難易度めちゃめちゃ高けぇ・・・。

自分のことが、大嫌いな人間でした。

このままじゃいけない。けど、どうしていいのかがわからない。

そんな風に真っ暗のトンネルの中を迷子のように
さまよっていいたのを、強く強く覚えています。

そんな僕は今、関東の田舎でネット販売の株式会社を経営しています。
その傍ら趣味として古民家をDIYで改装し、
カフェを自分で作っています。

24才の時に起業しました。
フリーランスを経て、現在は起業して5年目です。
2019年現在、29歳です。

今年の年収は約2000万円ほどまでいきそうです。
(去年は1200万円くらい)

株式会社の代表取締役なんていうと聞こえはいいですが、
アルバイト3人の超零細企業なので、
ほぼフリーランスだと考えていただければ大丈夫です。

休みたいときに休むし、仕事は楽しいし、
趣味は充実してるし、自由な生活
を送っています。

箇条書きで僕の日常を紹介します。

✅ 朝は起きたい時間に起きる
✅ みんなが休みではない、平日に休んでお出かけをする
✅ ビジネスを学んだ師匠や仲間と昼間からひたすら飲み明かす (二日酔いに苦しむ)
✅ 日常生活では値札を見ないで買い物をする
✅ どこでも仕事ができるので実家のある関東の田舎でのんびりと暮らしている
✅ 月に2回はお気に入りのイタリアンレストランへ食事
✅ クレジットカードでポイント生活。マイルは世界2周できるくらい余ってます(笑)
✅ 妻は専業主婦、両親に仕送りと豊かな家族生活

とまぁ、一般的に言っても、主観的に言っても
まぁまぁ豊かな生活です。

20代で年収2000万円!なんて聞くと
ちょっとすごそうですが
先ほど少しだけお話しした通り、
実は僕はもともと、とんでもないポンコツです(笑)

ちょっとお話しするのが恥ずかしいレベルです。

そもそもパソコンは持っていなかったし、
友達もいないので、ケータイはずっとガラケーだったし、
SNSなんか「アカウントってなに?」というレベル。

けれど、人生を変えたくて、それからというもの
「正しい努力」を積み上げてきました。

今でこそ、毎日が日曜日と言っても過言ではないような状態、
仕事中でもyoutubeやアニメを見ながら仕事していますが(←おい)
元々は自己肯定感がめちゃめちゃ低く、
コンプレックスの塊でした。

そして、働きたくないので、ニートをしていました。
食べるものにも困るほどにお金がなかった時もあります。

ニートになった理由も、
元々自分が入りたくて入った飲食店で、
あまりのきつさに就職して9ヶ月で

上司にブチギレて辞める

という暴挙。

仕事ができないくせに愚痴と文句ばかりは一人前でした。

人見知りなくせに、人にはよく見られたいので、
見栄と去勢をはってばかり。

そしてお金がないということも手伝って、
どんどん卑屈になっていきました。

卑屈になっていくと人間は

・外出しなくなる
・ストレスで暴飲暴食
・人に八つ当たりをする

はい、クソニートの完成です。
ただのニートではないですよ。
それはまだマシです。
性格の歪んだ、人に迷惑をかけまくるデブクソニートです。

そんな中、いい加減、自分の人生ってなんなんだろう?
こんなはずではなかったのに。

という思いがついに爆発し、
独立に向けて本気で努力をはじめました。

このブログのコンセプトはビジネス自動化の法則を学び、本当の豊かな人生の掴み方を具体的にあなたにお伝えすることです

人間の豊かさは5つの要素で成り立っています。

豊かな人生を送るための5つの要素
・お金
・時間
・人間関係
・健康
・生きがい

この5つの要素であなたの最適値が取れていることが必要です。
どれか一つではありません。

例えば、
365日が自由な時間であっても、
貧乏でお金を使えず、心を許せる友人もいなくて、
病気で歩くのもままならない。

これは豊かな人生とは呼べません。
いくら自由でもこれは不自由ですよね。

また最適値とは、自分に必要な形なので、
人間関係と一口にいっても、
深く数人と付き合っていくのが理想の人間関係の人もいるし、
知り合いがたくさんいるのが幸せという人もいるかもしれません。

・お金
・時間
・人間関係
・健康
・生きがい

この5つの要素のバランスです。

しかし、気をつけなければいけないのは優先順位がある
ということです。

一番優先順位が高いのはお金です。

なぜなら、お金が前提で
他の4つの要素を手に入れやすくなるからです。

お金で時間を買うことができる。

完璧に変換できる訳ではありませんが、お金があれば、
時間を短縮する行動をすることができます。

新幹線に乗る、飛行機に乗る、メイドさんを雇うetc…

などですね。時間の方が大事だ!っていう方もいますが、
お金なければ、何もできないのが資本主義。
娯楽にもお金はかかりますし、生活するにもお金はかかります。

人間関係を選ぶことができる。

会社で嫌な上司がいる。ムカつくお客さんがいる。
けど、我慢しなければいけない。
それは、会社を辞めると生活するお金を稼げなくなるから。
もし、お金に困らなければ、さっさと会社をやめて、
自分の趣味のテニスサークルとかに通ったら、
もっといい人間関係を作ることもできますね。
お金があれば、人間関係を構築する場所を選ぶことができます。

健康の維持にはお金がかかる。

健康の基本は食と運動。
食費を抑えようと思うと、カップラーメンやハンバーガー、
食パンやスナック菓子など、ジャンクな食材になります。
オーガニックの食材は高いですね。
健康にも、やっぱりお金がかかります。

生きがいにもお金がかかる。

例えば僕は今生きがいの要素としては、
父と一緒にDIYで古民家を改装して、
カフェを作るってことをやっています。
けど、材料費もタダじゃない。もちろん、
趣味でやっているので、その間に給料が発生するわけではない。
やっぱりお金がかかるんです。

豊かな生活の構成要素は5つのバランス。
これは確信を持って言えますが、
けれど事実として
お金の優先順位は高い。

ということを理解する必要があります。

なぜなら、今の社会は資本主義だから。

たまに、人生はお金じゃない!なんていう人もいますが、
僕らは資本主義というゲームに参加してます。

僕から見ると人生お金じゃないって言っている方は

サッカーのコートの中で、試合中に
「ボールを蹴るなんておかしいよ!」
と叫んでいるのと等しい行為

だと思っています。

だって、お金を使っている時点で、資本主義というゲームには
参加しているから。

もし嫌なら、コートから出ればいい。
(お金を使わず、自給自足で暮らせばいい)

それはなかなかに厳しい選択でしょ?

だから、お金を稼ぐ優先順位をあげるべきななんだ。

だって、あなたの大切な人が病気にかかったら?
両親の介護費用は?

人生金じゃない?

いやいや、違います。
ぼくはそんなことは言っていません。

人生、金だけじゃない。

お金は、大事なんですよ。自分の大事なものを守るために。

僕はビジネスを全くの0から学んで、
今はある程度まとまったお金を稼げるようになって、
このことを学んだんだ。

そして、学校でも、職場でも、両親も、

お金の重要性と、豊かに生きるための5つの要素を
誰も教えてくれなかった。

教えてくれたのは、僕の師匠。

ビジネスの師匠であり、人生の師匠。
もしも、この人と会っていなかったら、
僕は今現在もまだ、

人生という将来に希望の持てない真っ暗のトンネルを大逆走していた

と思います。

ありがたいことに、
僕は今、とても豊かに幸せに暮らしています。

そして、僕が師匠からやってもらったのと同じように、

人生に絶望し、将来に希望も持てず、
ただ何をやっていいのかわからず
真っ暗のトンネルを歩いているあなたに

本当の豊かな人生を送る方法を伝えたい。

と思っています。

そして、僕がこのような活動をする上で、
僕のリアルな物語をあなたにお伝えしておくと、
より鮮明に、より理解しやすく、
あなたに僕の伝えたいことを伝えられます。

なので、とても恥ずかしいですが
少しだけ、僕の物語を共有させてください。

ーーー織田の物語ーーー

僕はめちゃめちゃ人見知りでした。
人見知りというか、コミュ障です。

小学生〜コミュ障をこじらせ不登校〜

小学校。
僕はコミュニケーションが生来苦手なのでしょう。
友達と話していても、うまく馴染めず、
なぜか友達が離れていってしまう。

ちょっかいを出されても(太っていたのもあるかもしれません)
友達は遊びのつもりかもしれませんが、
結局ぼくが本気になってしまい、喧嘩ばかり。

それもあり、学校生活がうまくいかず、
小学校二年生から不登校になりました。

正直、この辺りの記憶は定かではありません。

おそらくではありますが、人間は

本当に嫌な記憶を消去する

と聞いたことがあります。

とにかく、人目が気になり、仲良くなりたのに、
友達ができない。

という状態でした。
この辺りから、卑屈さというのが自分の中にできました。
あと、

自分は基本的には人から好かれない

という意識。

今は随分ましではありますが、
それでも、油断すると、時折、とてつもない恐怖に襲われます。

 

中学校〜自分を変えたかったが、時すでに遅し〜

中学校。
そんな自分を変えたくて、入ったのは
イケイケの男子が入るバスケ部。

けど、イケてる中に入ろうが、
結局は人間の本質は変わらないですね。

小学校時代から友達との関係性は下手くそですし、
ほとんど人と話すこともしなかったせいか、

女子の名前を呼べない

という訳のわからないコミュ障を発揮しました。
なぜか、女子の名前を呼ぶことが
恥ずかしくて恥ずかしくてできなかったんです。

もちろん、学校生活にも支障はありました。
けど、どれだけ頑張っても名前が呼べない。

本当に人間って訳わからない。
今書いていても、訳がわからない悪寒に襲われるほど
中学校はいい思い出がありません。

本当に思い出したくない。

とにかく、コミュ障を訳のわからない方向に
こじらせてしまったようです。

唯一変わらないのは、

僕は人には好かれない

という思いが呪縛のように強化されました。

高校時代〜自分を変えたい、海外留学〜

高校時代。
まったくうまくいかない学校生活。
高校デビューという言葉があるように、
学校が変われば、自分が変われる!
と思い、高校では思い切り明るいキャラを頑張って演じていました。

けれど、結局はコミュ障。
本当に僕の人生を振り返ると、

人間関係が下手すぎる

という一言に改めて尽きますね。

あと、とにかく周りの友達が羨ましかった。

普通に友達と遊び、普通に彼女をつくり、
普通に部活をして、普通に勉強ができる。

僕は、何一つとしてまともにできないのに。

この頃から

劣等感

が僕を縛る呪縛の一つに追加されました。

みんなと同じように普通になりたくて、
けど、その頃の僕には自分が変わるということが
上手にできず、全てを周りの責任に転嫁しました。

環境さえ変えれば、うまくいくはずだ。

そして、高校を一年で辞め、海外留学を決意しました。

 

留学生活〜ホームステイ生活で鬱病に〜

留学時代。
今から思えば、環境のせいにして行った海外留学。
そもそもの原因は僕なのに、うまくいくはずもありません。

日本語でもうまくコミュニケーションが取れないやつが、
英語でコミュニケーションなんて、できるはずもない。

ホストファミリーはいい人だったけど、
その優しさにお返しすることができず、
得意のコミュ障も発揮して、変な方向に膨大な気を使い始めます。

病院に行っていないので確定ではありませんが、
あの頃の僕は確実に鬱病でした。

何をするにもホストファミリーがどう思うかが気になってしまい、
トイレに行くのも水道代がもったいなから、
と我慢するようになりました。

今思えば、全く方向性の違う気の使い方です。

この頃の僕のコミュニケーションは

自分が相手からどう思われるか

が基本なので、それはうまく行くはずもないですね。
コミュニケーションの基本は

自分が相手のために何ができるのか

なんだから。

辛いことが96%の留学生活だったけど、
唯一良かったのは
英語を本気で勉強したことです。

高校卒業時のTOEICテストでは880点をとり、
留学生の中ではトップでした。
他にできることがなかったので、唯一の拠り所が
英語の勉強でした。
ここを崩したらなんのために留学にきたのか、
本当に無意味な三年間になると思ったから。

TOEIC自体は大した試験ではないけれど、
僕の中の生まれて初めての成功体験でした。

専門学校〜本気でバイト〜

専門学校時代。
この頃から起業の夢が出てきました。

おそらく、過去の劣等感を払拭するためでしょう。
留学での小さな成功体験から、ちょっと自信もついたのか。

起業するなら、飲食でしょ。

と思い立って、料理の専門学校に入りました。

専門学校が終わったらイタリアンにバイトに行って、
料理を作らせたりしてもらってました。

この頃が一番楽しかったかな。

将来の自分に向かって、
全力で向かっていけている気がしたから。

しかし、それも長くは続かなかったんですけど。

飲食修行時代〜9ヶ月で辞める〜

初就職。
将来の独立のために希望に燃えて修行に入った
飲食店。地元の高級なレストランです。

しかし、読みが甘かった。

8時に出勤して、終わるのは早くて22時。
仕込みも毎日詰まっていて、
休憩が取れない日もありました。
休みは週休1日。

そして、料理の業界なので、昔ながらの職人気質。
怒られ、怒鳴られ、上司の機嫌を伺う毎日。

初めは将来のためだ!とワクワクしながら
働いていましたが、

なんのために働いてるんだっけ?

と全くわからなくなりました。

一生懸命やってはいたのですが、その方向が、
上司に怒られないために一生懸命努力していました。

これも、僕の悪い癖ですね。
人に嫌われたくないという悪癖は、
仕事のクオリティにも影響します。

頑張っても頑張っても認められず
何より、毎日毎日、仕事のために起きて、
仕事が終わったら、半額になったお惣菜をめがけて
スーパーに立ち寄り、お金がないから発泡酒を買い、
ご飯を食べて、家に帰って寝るだけ。

休みの日も疲れ果ててるので、
寝て1日が終わる。

なんのために生きてるんだろう?
という毎日でした。

そんなときです。
インターネットで記事を見ました。

その頃は与沢翼さんの全盛期で

ネットビジネスで不労所得!

というコンセプトです。

胸が、踊りました。
不労所得?働かないでもお金がもらえる?
僕は毎日14時間も働いて、
手取り14万円なのに?

やり方は全くわからなかったけど、
希望だけは点りました。

そして、今までは我慢できていた価値観も崩壊しました。

夢のために身を粉にして働いていたのが
まったく逆の人生を送っている人がいることを知りました。

そして、ついに爆発しました。

てめぇ、あんま調子乗ってんじゃねぇぞ!

上司にブチギレて、何も考えず、退職しました。

目標は、ネットビジネスで稼ぐこと。

 

ニート・フリーター時代

暗黒時代。
考えなしに退職をして、ニートになりました。
ブログで稼ぐ!と思い立ったものの、もちろん、
ど初心者。

教材を買って、いざ自由の道へ!とブログを書き始めました。

結果、



3記事書いて、挫折しました。

意気揚々と取り組んだものの、そのころのぼくは
ポンコツそのもの。

もちろん、うまくいくはずもありません。

そして、ニートなので、ご飯を食べるお金もありません。

本当に困ったのはクレジットカードの支払い。
その頃クレジットカードを使い始めたばかりだったので、
支払いが来月に来ることをわかっていませんでした。

信じられないでしょ?でも、本当の話です。

突如支払いが来て、口座から引き落としが起きて、
目を疑いました。

えっ!お金が減ってる!!!なんで?

冷や汗が溢れました。
来月、2万円しかない・・・。

とはいえ、ないものはない。
どうにか2万円で生活することにしました。

本気で、白米が買えませんでした。

お腹が空くと人間は荒んでいきます。

人を傷つけるモノが三つある。
悩み、いさかい、空の財布。
中でも空の財布が最悪だ。
ユダヤのことわざ

この頃はマジで性格が悪かったです。

常にイライラしているし、
何やっても焦燥感しかないし、
お腹は空くし(笑)

お金の必要性をを心の底から、実感しました。

そして同時に思いました。

どうしてこんなに思い通りにならない?
人生はどうしてこんなにも理不尽なんだ?
みんな、楽しそうにしてるのに!
なんで俺だけこんな目にあうんだ!

完全にクソニートですね。
全部周りの責任で、
世の中を憎んでいました。

あまりにもお金がなかったので、
このままでは生活ができない。

3ヶ月ほどニートになり、
流石に生活ができないのでフリーターになりました。

バイトを4つ掛け持ちして、フリーターをやりつつ、
とりあえず就職をすることにしました。

諦められない不労所得〜ネットワークビジネス開始〜

再就職。
掛け持ちしていたバイト先から声をかけてもらい、
英会話教室の事務職員の契約社員になりました。

手取りは18万円ほど。
僕にとっては十分でした。

だって、普通に飯は食えるから。

今回こそは、と思って本気で仕事に取り組みました。

前に働いていた飲食店に比べれば、
労働時間は短いし、週に二回は休めるし、
身体的には全然楽でした。

飲食店を経験してよかったことは、
あれほどきつい仕事はほとんどないので、
どんな仕事もだいたい耐えられるようになったことですね(笑)

上司は尊敬できるし、
同僚とも仲良くしていたし、
お客様も言い方ばかり。

僕が基本的にポンコツなことを除けば、
割と楽しく働いていました。

そんな時、
また甘い言葉がささやかれます。

権利収入に興味ない?
20代で年収1000万円の人、
たくさんいるんだよ。
織田くんの話ししたら、
面白いやつだから話ししてみたいって。
その人、めっちゃ暇だから、
面白い人と話すのが趣味なんだってさ。

と、友達から誘われて、
ネットワークビジネスにはまりました。
(知らない方はネットワークビジネスで検索してください)

不労所得を諦められなかった僕は、
全力でやりました。

ある程度の結果も出しましたが、
結果として、数少ない友達も、
全員いなくなりました。

その頃の僕はビジネスの知識はなかったので、
ネットワークビジネスがどれほど難易度の高いビジネスかも
わかっていません。

そして、新しいマーケットを求め、
上京します。

 

上京〜師匠との出会い〜

上京。
目的は、とにかく人とあって、
ネットワークビジネスの営業をすること。

しかし、そもそもお金がない。
両親から200万円の借金をしました。

上京してあっという間に3ヶ月。
東京、しかも、ネットワークビジネスを
やったことのある方はわかると思いますが、
営業のため、
リア充旅行(笑)のため、
ミーティングなどのため、
製品代のため、
みるみるうちにお金が減っていきました。

なんでもいいからとにかく就職して、
日銭を稼がなければいけない。

このままだと、まずい。
近々お金も底をつき、実家に帰らなければいけない。
それ以前に、結果を出さずに帰れるはずかない。

最後のチャンスだからと約束でお金を借りたので、
これで無理なら

ネットワークビジネスは、無理だ。
他の手段を探さないと。

人生を賭けて出てきた東京。

そして、師匠の講習に申し込みました。
これが、僕の人生を変える出会いになります。

初めましてから、カフェに移動する、
出会って1分で、その人は言いました。

人生とはDiscover、発見です。
Dis(はずす)Cover(カバー)、
自分のカバーを取り外していくのが、
人生なんですよ。

あ、この人についていこう、と確信しました。
結果としてこの直感は、
めちゃめちゃ正しかったんですけど。

自動化の法則を知れば、どんなビジネスでも可能。

師匠と出会い、カメラせどりを開始。

→ 初めての一人での仕入れの様子

とにかく師匠から自動化の法則を学びまくる毎日でした。

それからは順調に利益を伸ばし、
(カメラせどり開始から9ヶ月めで月収100万円突破)
それまでとは考えられないほど、
自由な生活になりました。

こういう話を疑う人もいます。
けど、その人と僕が違うのは、
僕は信じた。

自分は信じられなかったけど
師匠を信じた。

師匠が教えてくれた
「自動化の法則」を信じた。

今では年収は2000万円まで持ってきた。

けど、師匠から教えてもらった、

自動化の法則とカメラせどりと情報発信を組み合わせて、
今は本当に豊かな生活を送っています。

紆余曲折も試行錯誤も、辛い経験もあったけど、
自動化の法則を学び、
・お金
・時間
・人間関係
・健康
・生きがい
の全てをかなりいい線で手に入れた。

僕は今、とても幸せです。

————-織田の物語終わり—————-

 

改めて、ブログコンセプトのおさらい

僕のブログでは、
豊かな人生を掴むために必要なのは5つの要素。

・お金
・時間
・人間関係
・健康
・生きがい

しかし、まずは一番優先順位をおくべきなのは、
お金です。

お金は、他の4つの要素を埋めるために、
必要不可欠なツールだから。

この考え方をベースにしてお読みいただけると、
僕の考え方を、より理解していただけると思います。

こうしてたまに僕のお話をすると、

[織田さんは、言ったって、もともとできる人だったんでしょ?]

と思う方がいらっしゃいます。

僕の答えは、すでにお伝えした通り。

まさか(笑)そんな風に生まれたかったよ(笑)

僕のポンコツぶりに、上司も怒るのを通り越して、
呆れ果てて、怒られなくなったくらいだから。

そして、コミュ障で人間関係が大の苦手な僕でも
成功できるのが、自動化の法則を適応しやすい
ネットを使ったビジネスです。

今この世界ではネットを使った仕事はほとんどないほど、
ネットを使った仕事は浸透しています。

しかし、本当のネット使い方を知っている人はほとんどいません。

僕がここまでやってこれたのは、
「自動化の法則」を教えてもらったから。

法則というのは、絶対不変のものだから、法則なんだ。

重力もニュートンの法則。
フレミング左手の法則。
ユダヤの法則。

行動の結果は法則に乗っ取れば、予測可能。

つまり、

法則を知れば、
ビジネスにおいて失敗なんて、ありえない。

そして、それを可能にするのが、知識です。

法則を一から見つけるのは、とてもとても難しいことです。
それができたらノーベル賞ものです。

それはなかなかに難易度が高いですね。
けれど、法則は学ぶことができる。

あなたは、僕らは、
これまで自動化の法則なんて
知らなかっただけです。

なぜなら、それはあなたのせいではなく、
戦後、日本ではビジネスの教育をしなくなりました。

もともとは家業や農業など、
自分でビジネスをするのが当たり前だったのに、
サラリーマン大国になった。

だから、誰もビジネスを教えられなりました。

あなたのせいではなんです。教育のせいなんです。

僕のメルマガでは、より掘り下げて、

・お金
・時間
・人間関係
・健康
・生きがい

をベースにした本当の意味での
自動化の法則、そして、
豊かな人生の掴み方を発信しています。

無料なので興味のある方は、
ぜひ登録してみてください。

僕が師匠から学んだこと、
さらに僕の経験から気づいたこと、
ブログでは書けないような、より本質的なお話を、
メルマガの中だけで、お話しします。

↓期間限定で無料の電子書籍をプレゼント↓

サンプル

→ メルマガ登録はこちら

こちらも人気の記事なので、
合わせて読んでみてください。

→月収200万円突破!カメラせどりは限界です…

→ 25才年収1000万円プレーヤーが解説する独立・起業の最短ルート


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。

今なら無料の電子書籍をプレゼント中です↓↓

→無料のメルマガ登録はこちらから

現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。


自分で稼ぐ力を身に着ける秘密が学べる電子書籍を無料で公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。

↓↓期間限定で無料の電子書籍↓↓
「ネットジジネスで年収2000万円を自力で稼ぐ方法」
無料プレゼント中です!

サンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。