ポンコツだった僕が師匠に出会ってから変わった2つのこと

階段

ポンコツだった僕が師匠に出会ってから変わった2つのこと

こんにちは、織田です。

今日は、

「ポンコツだった僕が
師匠に出会ってから
変わった2つのこと」

というテーマでお話します。

動画でも話しているので、
もしよかったら聞いてみてください。

 

どれほどポンコツだったのか

ほんとにもう、
エピソードあげだしたらきりもないんですけど。

今日は赤裸々に語っていきたいと思います。

 

ポンコツエピソード①コミュ障

どれほどコミュ障だったのか・・・。
僕レベルのコミュ障になると人見知りとか
そういうレベルではありません。

 

高校生まで女子の名前を呼べませんでした。
これは僕が高校生まで抱えていた悩みです。

理由は不明です。

学校生活にも影響ありまくりました。
そりゃぁ名前呼べないんだから当たり前です。

「ねぇ」とかでしか呼べないんだから。

もちろん、女子とお話なんかできませんでした。
ほんとに惨めでした。

「なんで俺はこうなんだろう」
「ずっとこのままなのか?」
「彼女なんかできる気しない」

と思っていました。

 

コミュ障エピソードはまだあります。

 

挨拶ができない

挨拶って結構難しくないですか?

例えば、待ち合わせで誰かがこっちに
向かってくるのが見えた時、

何メートルまで近づいたら挨拶するのか、
目を合わせたままでいるのか、
「こんにちは」、なのか「よう!」なのか、
気づかないふりをして、向こうから
話かけてくれるまで携帯をいじっているのか・・・。

 

選択肢は多様です。笑

そんなことを考えてしまって、
結局挨拶ができない、みたいな。

 

それほど僕はコミュ障だったんです。
そして、そんな自分が大嫌いでした。

 

 

師匠からストリートナンパを習う

そんなコミュ障だった僕は、
ビジネスの師匠であり、
人生の師匠でもある方から、
ビジネスと一緒にコミュニケーションの
知識を学びました。

コーチング
カウンセリング
NLP
コミュニケーション術など

正しい知識を学んだことで、
一定の正解のようなものがわかりました。

 

しかし、知識と実践はまた別物。

いくら知識を叩き込まれようと、
そもそもがコミュ障なので、
全然うまくできないわけです。笑

 

「し、師匠、ほんとに電話していいんですか?」
「すごい怒ってるみたいなんですけど」
「1時間くらい話聞いてました笑」

 

少しずつですが、ビジネスを通して
お客さん相手にコミュニケーションをとったり、
クレームの対応をしたり、
実践を積み重ねて行きました。

 

 

さらに、師匠から

「とりあえずナンパしてこい」

と言われて、
ストリートナンパに繰り出したり
していました。笑

 

ストリートナンパって、まじで奥が深くて。

 

そもそも、道を歩いている人に話しかけるとか、
普通じゃないですよね。
しかも、それが自分の
すげぇ好みの女性に話かけるわけです。

 

すると問題が発生します。

「あ、足が動かない!!!」

ナンパをしに行っているのに、
話しかけようとしても、
足が動かないんですよ、ほんとに。

 

これがナンパの第一関門であり、最大関門である、
「地蔵」と呼ばれるものです。

話しかけようと動き出しても、お地蔵さんみたいに、
動けなくなっちゃうんです。

 

 

僕はこれを全然抜け出せなくて、
渋谷の街で夜通し突っ立っていたこともあります。笑

話しかけようと、後ろをついていって、
話しかけれずに追い越すだけ、みたいなのとかね。

 

ただの怪しいやつですね。笑
けど、実際にやってみると、
ほんとに心臓バックバクになるんですよ。

そんな壁もどうにかこうにか突破して、
道を歩いている女性とお茶できるようになっていきました。

 

 

はじめはだめだめだったけど、
この成功体験って、まじですごくて。

自分が「マジでタイプだ!」と思った女性が
街で歩いていたら、
5分後にはカフェでお茶できたりするわけです。

「これは現実なのか?」

と夢と現実の境がよくわからない感覚になります。

 

ストリートナンパは、まじで奥深いので、
男性でも女性でも、
ぜひやってみることをおすすめします。笑

 

そんな感じで僕は師匠の課題をこなしていたので、
弱キャラ友崎くんというラノベが大好きです。

友崎くんはオタクなんだけど、
リア充になるために努力しまくるみたいな物語なのです。

友崎くんの気持ちがわかりすぎて、
友崎くんに感情移入しまくっています。


(今、kindle unlimitedで無料になってるので、
ぜひ読んでみてください。)

僕はリアル友崎くんをやっていました。

 

 

ポンコツエピソード②仕事ができない

これはもう、マジです。
仕事できなすぎて、やばいです。

 

まず会社員時代。
僕は某英会話教室の受付事務として
働いていたときです。

受付の時に生徒さんからカードを預かり、
その出席入力をしてカードを返すという
受付業務をやっていました。

 

レッスン前にカードを預かって、
生徒さんに返すのですが、

「カードがない!」

ほんの7秒ほどの間です。

 

パニックって探しても、見つからない。
生徒さんは目の間でイライラしてきます。
(もう嫌だー!助けてくれー!)
と思っていました。

その場は生徒さんに謝って、
レッスン中に探しておきますといって、
同僚も総動員で探した結果、
会員カードはキーボードの下にありました。

 

「そんなことある?」
「逆にどうやるの?」

と同僚から言われたときのこと。

尊敬していた上司の呆れ返った顔。
目に焼き付いて離れません。

結局、同期から飲み会にも
誘われなくなっていきました。

 

師匠からビジネスを習う。
9ヶ月目で月収100万円突破

師匠からビジネスを習い始めても、
僕のポンコツ具合は変わりません。

師匠は僕にめっちゃ良くしてくれていて、
僕は師匠の事務所で梱包作業をしていました。

 

すると

「たらたら梱包しない!
こうこうこうこう!10秒で終わるでしょ?」

とお叱りを受けるほどでした。

 

「いい?織田くん。
作業中に色々考えながらやらないこと。
思考と行動は分ける。」

「もし何か考えてしまうなら、
紙に書いてメモしておいて、
後でじっくり考えるんだよ。」

「色々マイナスのことばかり考えないこと。
まずやってみて、問題が起きたら
その問題を解決するために考えればいい。」

 

と仕事に関してのことを一つひとつ教えてくれました。

そして師匠から
カメラせどりを教えてもらい、
9ヶ月目に月収100万円を突破しました。

その先月に師匠と相談しまくって、
「どうやったら月収100万円できるのか?」
の作戦会議を行いました。

 

一つ一つ師匠の仕事術や考え方を習い
仕事のやり方を学んでいきました。

プライベートのポンコツ具合は
変わっていませんが笑

 

正しい知識は人生を変える

ポンコツだった僕も、師匠と出会ってから、
一つ一つ成長していきました。

僕は自分の経験を通して、
「正しい知識は人生を変える」
ということを確信を持っています。

 

まず、知識として正解を学ぶ。
実践してみて、修正して行く。

たったこれだけです。

 

本当にポンコツだった僕の人生が
変わったのは師匠のおかげです。

 

そもそも正しい知識を教えてくれる人は、
世の中多くありません。

何より厄介なのは、
「間違った知識を自分で正しいと思って
自信を持って教えている人」
に当たってしまうと、マジで困ります。

厄介なのは、向こうに悪気が無いこと。
自信をもって勧められると、
断るにも断りづらいですよね。

 

 

そいういう意味合いでは、
僕は師匠に出会えて、正しい知識を教えてもらえて、
ラッキーだったなぁと思っています。

 

だから僕は、師匠が僕にやってくれたように、
「頑張っている人が報われる社会を作る」
を理念にして、情報発信をやっています。

 

情報発信を始めてから、

「自分にもできると思えました」
「僕も人生を変えたいです!」
「勇気を出してメールしてみました!」

という連絡をたくさんいただきます。

僕が発信することで、
勇気を出して一歩踏み出してくれた。
(参考:必要なのは、一歩踏み出す勇気だけだ)

メルマガ読者さんが、
そんな連絡をくれるたびに、本当に嬉しく思います。
「発信していて、ほんとにほんとに良かったなぁ」と。

 

昔の僕のように、

「がんばっているのに、
報われない。」

「いつまでこんな事が続くんだ」
「自分の事が大嫌いだ」

なんて思っている方がいたら、
ぜひメールマガジンに登録してみてください。

人生を変えることは、必ずできます。

↓期間限定で無料の電子書籍をプレゼント↓

サンプル

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。

今なら無料の電子書籍をプレゼント中です↓↓

→無料のメルマガ登録はこちらから

現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。


自分で稼ぐ力を身に着ける秘密が学べる電子書籍を無料で公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。

↓↓期間限定で無料の電子書籍↓↓
「ネットジジネスで年収2000万円を自力で稼ぐ方法」
無料プレゼント中です!

サンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。