英語赤点からTOEICで880点を取った3つの学習方法[アイルランド3年間高校留学経験あり]

こんにちは、織田です。

今日は、

英語赤点だった僕が
TOEICで880点を
取った3つの学習方法

というテーマでお話をします。


なんでビジネスのブログで
いきなりTOEIC?


と思うかも知れませんが、
TOEICもビジネスも
やることは同じです。


ちゃんとビジネスにもつながってくる
内容なので、ぜひ最後まで読んでみてください。



経歴

アイルランドに3年間留学経験

僕は日本の高校を1年で中退し、
アイルランドに高校3年間留学をしました。


僕と同年代の人より2年留年して、
高校卒業資格をとりました。
(参考:アイルランドに
高校3年間留学して学んだこと)

アイルランドの公立高校卒業時に、
TOEICで880点を取得しました。

中学校時代は英語が大の苦手

そもそも僕は英語がめちゃくちゃ
苦手でした。


どれくらい苦手だったかというと、
中学校3年生の夏休み前の
全国統一模試で20点を取り、
「流石にやべぇ・・・」
と思ったのを覚えています。笑

帰国後にTOEIC700点まで落ちた

留学から帰ってきてからは、
英語を使う機会は全くなかったので、
一度700点までTOEICスコアはさがりました。


その後、某英会話教室の、
英語の先生をやることになったので、
もう一度勉強し直して、
もう一度TOEICスコア880点まで戻しました。


なので、今日のお話する学習方法は、
TOEICで高得点を取得するという
目標に対して、再現性もある学習方法です。


TOEICでスコアを上げることと、
英語でコミュニケーションが取れることは
イコールではありませんが、
それでもTOEICで高得点が取れると、
英語の基礎的なことはわかるので、
英語でのコミュニケーションは
取りやすくなります。

英語で交流ができると
楽しいこともあったりします。


例えば、僕が京都在住の
コンサル生を指導していたときに、
(これはビジネスのコンサルです)
旅行も兼ねて京都に行ったときのことです。


その時は僕は民泊を立てるため、
いろんな宿泊施設を見たいという理由で
ホテルではなく古民家を改装した、
ゲストハウスに宿泊しました。


そこで同室の上段ベットに宿泊していた
サムというアメリカ人と
仲良くなりました。
(かなりのイケメンでした。)


サムと思いっきり意気投合し、
山梨にある僕のお店に2週間ほど
DIYでお店を改装するのを手伝ってくれながら
ホームステイしていきました。


こうしてナチュラルに
異文化交流ができるとき、
「英語ができてよかったなぁ」
なんて思ったりします。


留学すれば英語ができるようになる、は大間違い

こういう話をすると、

「3年間も留学してればそりゃ
英語できるだろうし、
TOEICで880点なんて高得点も
取れるでしょ」


と思っている方がいますが、
大きな間違いだったりします。


実際、僕がアイルランドに高校留学
したのは50人ほどが同期で日本人でした。
(僕の学校には3人、日本人がいました)


しかし、結局、3年間の留学終了時に、
TOEICで750点以上取ったのは、
50人中僕を含めて3人だけでした。


400点台が中央値だったと思います。


これはTOEICで高得点を取った
僕がすごいと自慢しているわけではなく、
ただの事実として、

「留学とTOEICで
高得点を取得することに、
何ら相関関係はない」


というお話です。


希望のある話だと思いませんか?


つまり、
わざわざ海外に行かなくても、
日本でTOEICスコアを上げることは
可能だということです。



僕の実体験上も、
英語の先生をやっていた指導上も、
日本に住んでいてもTOEICで高得点を
取得することは、余裕で可能です。


留学をしているからTOEICで
高得点を取れるわけではなく、
TOEICで高得点を取るための
勉強をするから、
TOEICで高得点を取れるということです。


では、TOEICで高得点を取るための、
3つの方法について解説してきます。

TOEICで高得点を取る方法



①単語をひたすら覚える


「んな当たり前な。」


と思うかも知れませんが、
真面目に単語帳を一冊丸々
覚えるってことです。

よくTOEICの攻略サイトとかを見ていると、

「わからない単語は前後の単語から
意味を予測しろ」


とか書いてあったりするんですよ。


僕は

「全く知らない単語を
予測なんてできるわけない」


と思っています。


そんな裏技的なテクニック的なことを
真に受けるから、学習に甘えがでます。


単語は完璧に全部覚える。

ただこれだけです。
ここに裏技もなにもありません。


僕はキクタンという単語本を
使っていましたが、
目標にしているTOEICスコアごとに
本が出ているので、
その一冊は隅から隅まで全て覚えました。


一日5個は絶対に覚える、
とノルマをつけていました。


自分の知識にない単語を
いくら予測しようが、
そんな不確実性の高いことに
願掛けするのは、ただのギャンブルです。


TOEIC試験はギャンブルではありません。

②文法をひたすら覚える


これも単語と同じですが、
知識にないことをいくら本番で
予測しようとしても、
当たるわけがないです。


文法は参考書にあるものは全部覚える。

ただこれだけです。


僕もTOEICで高得点を取る
テクニックとか、裏技とか
探したりしましたが、
地道な努力以外にありません。


聞くだけでできるようになります!
とか


勝手に英語が口から出てくるように
なりました!

とか、


んなわけないんですよ。


人間は、文字に書き起こせない物を、
いきなり口に出せることはありません。



文字に書けないということは、
知識が定着していないってことです。

ひたすら文法を地道に一個づつ覚える
以外に道はありません。


③ひたすらシャドーイングでリスニング対策

シャドーイングという練習法があります。
音源の一拍あとをシャドーのように音読
していく練習法です。


リスニングの対策は、
このシャドーイング一択です。


人間の耳は、
「自分で発音できる音のみ聞き取れる」
ようにできています。


考えてみれば、
自分で正しい発音ができない単語を
聞き取れるわけはないですよね。



聞き取れないということは、
「正しい音を知識として認識できていない」
ということです。


そのためには
正しい発音を自分で発するようになる
以外に道はありません。


自己流ではなく、正しい発音の
音源を一拍置いて繰り返すことによって、
正しい発音を知識として
認識できるようになります。


とにかく模擬試験を受けまくる


基本の勉強を叩き込んだら、
あとはとにかくTOEICの模擬試験を
何回も何回も受けるだけです。



同じ模擬試験を何回も何回もやって、
わからないところは参考書をひっぱって、
とにかく潰しまくります。



模擬試験は時間配分の練習にもなります。


練習でもできないことが
本番になっていきなり

「神が舞い降りた」

なんて、いきなりできることは
ありえません。


とにかくTOEIC模擬試験で練習をして、
不安要素を全て潰しきります。


TOEICでスコアを上げる必要性を明確にする

意外とできていない人が
多いですよね。


TOEICスコアをなんのために
上げたいのか、
必要性を明確にすることです。


僕が今日ここまで書いてきた勉強法って、

「当たり前のこと」

です。


けど、この当たり前を継続することが
一番むずかしいんです。


そのために、
必要性を明確にすることが重要です。


ライザップを思い浮かべて見ましょう。

ライザップでやることって、

・徹底した高タンパク低糖質の食事管理
・筋トレ


たった、これだけですよね。


ネットで探せばやり方なんて、
いくらでも出てくる、


目新しいことは全くないことを
サービスとして提供しています。


ではなぜライザップはこれだけ人気なのか。


当たり前のことを
継続させてくれるシステム


に価値があるということです。


ネットが発達した現在、
巷に情報は溢れかえっています。


もはや、革新的な裏技的なノウハウ、
なんてほとんど無いに等しい時代です。


だからこそ、当たり前のことを
継続するスキルがこの時代を
勝ち抜く唯一の方法だと断言します。


その方法こそが、
必要性を明確にすることです。


TOEICで高得点をとって、
何をしたいのでしょうか?

・同僚からチヤホヤされたい
・給料が毎月1万円上がる
・外国人のかわいい彼女がほしい
・イケメンの外国人男性とバーで華麗におしゃべりしたい
・外国で働きたい

・海外出張がある
etc

理由は何でも構いません。

とにかく明確に鮮明に、
必要性を書き出しましょう。


そうなったときの理想の自分は
明確に描けていますか?


僕の場合は、留学中にマジで
コミュニケーションが苦手で、
TOEICでスコアを上げることしか
僕の留学した意義は見いだせなかったので、
死ぬ気でやりました。


他の勉強が全くできなかったので、

「ここで英語までできなかったら、
なんのために留学したのかわからない、」

という存在意義がかかっていたので、
必死で勉強をしました。


高いお金をかけて留学させてもらって、
「英語どころか何も学んでません」
てわけには行かないですよね。


必要性を感じやすい環境にある、
という意味合いでは留学も
意味は多少はあるかもしれませんね。


必要性さえ自分のなかで明確に
落とし込めれば
行動を高いモチベーションと
集中力で継続することができます。


英語とビジネスは全く同じ、知識ゲー

僕は24歳で起業して5年目になりますが、
TOEIC(英語)とビジネスは
全く同じだと思っています。


知識ゲーです。


正しい知識をいかに身につけるかで、
結果に差が出る、というゲームです。


ビジネスでも、まずやるべきは、


革新的なサービスを開発することでも、
何億円の資金調達をすることでも、
いきなり脱サラして
起業することでもありません。


なぜお金を稼ぎたいのか、
必要性を明確にして、
どうやったら利益を上がるのか、
正しいビジネスの知識を
勉強することです。

そして、それを実践していくことです。


正しい知識さえあれば、
結果の速さは人それぞれでも、
必ず結果を出すことができます。


僕は24歳で独立起業してから
今5年目ですが、
TOEICの勉強は僕の成功体験の原体験だし、
それがビジネスに生きてきている、
と確信しています。


というか、英語とビジネスは、
全く同じです。


正しい知識を身に着けている人が
スコア(収入)を上げる。




ビジネスでも必要性が
わかっていない人はモチベーションが
続かなくて辞めてしまうし、

基本のビジネスの知識を無視して、
より楽に稼げる方法を探し、
「あっちのノウハウのほうがいいんじゃないか」
と、詐欺に引っかかる人もたくさんいます。


英語もビジネスも、
全く同じ知識ゲーです。


僕はこれは救いだと思っています。

裏技やワープはないけれど、
正しい知識を身に着けさえすれば、
必ず報われるからです。


TOEICもビジネスも正しい知識を身に着け、
後は知識をどんどん実践し、
結果を見て修正していくことの
繰り返しで必ず結果に反映されます。


まとめ

いかがでしたか?

まとめると、
TOEICで高得点を取る3つの方法は

①単語をひたすら覚える
②文法を覚える
③シャドーイングでリスニング対策

おまけ:模擬試験を受けまくる
    TOEICの必要性を明確にする


でした。

TOEICもビジネスもギャンブルでは
ありません。

知識ゲーです。

必要性を明確にして、
正しい知識をきちんと身につけ
やるべきことを継続する。

これだけで必ず成果は出ていきます。

TOEICについて、
なにか質問ありましたら
ご連絡くださいね!


最後までお読みいただき、
ありがとうございます。


ビジネスにも興味がある、
という方は無料メルマガもやっているので
下記から登録してみてください^^




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。

今なら無料の電子書籍をプレゼント中です↓↓

→無料のメルマガ登録はこちらから

現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。


自分で稼ぐ力を身に着ける秘密が学べる電子書籍を無料で公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。

↓↓期間限定で無料の電子書籍↓↓
「ネットジジネスで年収2000万円を自力で稼ぐ方法」
無料プレゼント中です!

サンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。