お金に価値がなくなる時代がもう来ています。

こんにちは!

久々のブログの更新です!

ここ数ヶ月、様々なことがありました。

 

今年は年収2000万いけそうだ!とノリノリ絶好調!

だったはずが・・・。とんだ凡ミスから破産するかと思いました。笑

 

いや、本当に焦ったわーww

 

そんななか、人の大切さに改めて気づくことができました。

 

師匠を始め、先輩、彼女、友人、両親と、

本当に僕は恵まれてます。

ありがとうございます。

 

さて、そんな中、今日はお金の話でも。

 

タイトルの通り、今、現金に価値がなくなる時代がきています。

ではまずは、世の中が豊かになっていく、システムを学びましょう。

 

ある世界にAさんとBさんがいます。

 

Aさんが一万円を持っています。

この世界に現存する富は一万円です。

 

Bさんはその一万円が欲しいので、家を立ててAさんに一万円で売ることができました。

するとAさんは家を得ることができ、Bさんは一万円を手に入れました。

この世界に現存する富は一万円と家が一軒です。

 

Aさんは一万円が無くなってしまったので、今度はAさんが家を立てて

Bさんに一万円で売ることができました。

この世界に現存する富は一万円と家が二軒です。

 

つまり、この世の中の富の総額は増え続ける。

ということです。

これが世の中の富が増え続けるシステムです。

 

もう一つのお勉強です。

不動産や株、仮想通貨などの金融商品で

莫大な儲けが出ている人がいます。

お金を持っている人がそれを元手に、さらにお金を得ることができるシステムです。

⇨世界の富の82%、1%の富裕層に集中

 

格差社会はすでに到来しています。そして、

実はすでに世の中にお金は有り余っている

ということになります。

今ってすごく好景気なんですよ、実は。

一般大衆に行き渡っていないだけで。

 

ここで、需要と供給の関係があります。

物事は、供給過多になると価値が下がります。

 

そして、今の世界にお金はすでに余っています。

つまり、お金に価値は無くなっていくということです。

 

デジタル化によってあらゆるものが無料化していく流れと、

ベーシックインカムでの所得の再分配や暗号通貨実装の流れと、

若い世代に物欲がどんどん無くなっているという事実など、

諸要素がありますが、

今の時代、お金にだけコミットするのは、とてつもなくリスクが高い

という時代がすでにやってきているということです。

 

なぜなら、お金に価値がどんどん減っていくからです。

 

では、お金に代替えする価値とはなんでしょうか?

 

僕は人間関係一択だと思います。

 

身近な人ほど、大事にしていきましょう。

人間とは人と人の間という意味です。

 

人間関係はどんな時代でも必ず価値として残ります。

 

目の前の人に、何ができるのか、を考え続けましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。

現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。


ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。


今なら無料の電子書籍をプレゼント中です↓↓

→ メルマガ登録はこちらから

自分で稼ぐ力を身に着ける秘密が学べる電子書籍を無料で公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。

↓↓期間限定で無料の電子書籍↓↓
「ネットジジネスで年収2000万円を自力で稼ぐ方法」
無料プレゼント中です!

サンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。