You Tubeで動画100本撮ってみたら◯◯だった。

こんにちは、織田です。

今日は

You Tubeで動画100本撮ってみたら
めちゃくちゃ恩恵があった

というテーマでお話をします。

 

メリットとしては

①構造化して話せるようになった
②オンラインセミナーが余裕でできるようになった
③アウトプットする癖がついた

という3つです。

 

僕はそもそも話すのが苦手

僕はそもそも話すのが苦手で、

・モゴモゴする
・滑舌が悪い
・声が通らない

と、しゃべるのには全然向いていない
タイプです。

 

実際、You Tubeの初めの頃の
コメントでは、

「もごもご喋っていてよく聞こえません」

「声が小さいです」

と低評価をいたいて、萎えました。笑

 

しかし、めげずに

「少しでも上手に話ができるようになりたい!」

という思いから、

 

どれだけモゴモゴしようが、

どれだけ「えー、えー、えー。」
と間を持たせるために「えー」を連発しようが、

どれだけチャンネル登録が増えなかろうが、

 

とにかく動画を撮影して
アップし続ける!

と決めてやっていました。

 

「喋りが少しでも上手になればいい!」

と最低ラインを低く設定しました。

 

今は動画を公開すると
まあまあ高評価ももらえるし、

毎日動画を出していたときは
視聴維持率は40%を超えていたので、
ただのマインドマップで
喋っている動画にしては、
いいんじゃないかと思っています。

 

①構造化して話せるようになった

メリット1つ目。
これは僕は非常に苦手だったのですが。

自分で動画を取るようになると、
全然うまくしゃべれない。

うまくしゃべれないから、
上手な人の動画を見て、
勉強する(インプット)するようになります。

 

参考にしたのは、主にマコなり社長ですね。
圧倒的に話すのがうまい。

マコなり社長の話し方の極意シリーズは、
すべて書き起こし、自分で話したのを、
録画しました。
(参考:話し方の極意シリーズ)

 

マコなり社長がどんな構成要素で
話をしているのかを分析して、
自分にも取り入れてみました。

やればやるほど、
マコなり社長はすごい人なのが
わかります。

文章を書かせてもきっと超一流ですよね。

 

この経験を通して思ったのは、
アウトプットありきのインプットが
超絶大事。

必要性がないと、いくらインプットしても、
身になりません。

 

②オンラインセミナーが
余裕でできるようになった

最近、zoomを使ったオンラインセミナーを
開く機会も増えてきました。

普段You Tubeでやっているからか、
普通にセミナーをすることができます。

基本的には動画取るのも、
セミナーするのも、
何も変わらないですね。

 

質疑応答を10分につき一回入れて、
進捗の確認をするくらいです。

満足度も非常に高く、

「なんでそんなに喋れるんですか?」

と聞かれたりしましたが、
僕にとってはいつも動画で撮っている
ことを話しただけです。笑

 

ほんとに、レベルアップしているんだなぁと
実感しました。

 

③アウトプットする癖がついた

これは本当にいい習慣だなと思っていて。

 

今までも本を読むのは大好きだったんですが、

「じゃあ昨日読んだ本の学びを言ってみて」

って言われると・・・・

マジで一行たりとも覚えてないんですよね、
僕の場合。笑

 

けど、本のレビューとかもやってみたり、
人に伝えるつもりで動画撮ったりすると、
最低でも一つくらいは覚えるんです。

 

0覚えるのとと1覚えるのでは
全然違うと思っています。

 

0はいくら積み上げても、0。

1は積み上げれば積み上げるほど、
成長する。

 

雲泥の差です。

 

本当に、素晴らしい習慣がついたと
感動しています。

 

結論:とりあえずYou Tubeはやったほうがいい

僕は講座生やメルマガ読者さんへの
限定動画を撮って、情報の共有のためにも
You Tubeを使っています。

 

今You Tubeの合計再生時間は
1000分を超えました。

 

僕が1000分リアルで同じ話を
話すって、実際めちゃくちゃ大変です。

 

けど、一度撮影してしまえば、
僕の実働は0です。

影分身とはまさにこのこと。

 

こうしたノウハウの共有には、
僕が同じことを何回も話す必要は全然ないし、
これは企業でも使えます。

 

新規採用の教育パートなんて、
You Tubeでできるところはすべて動画で
やるべきですよね。

 

もちろん、うちの会社でも使っています。

 

質問があれば、

「じゃあこれ見てみてね」

で済むし。

 

お互いの時間を最小限でいいので
これ以上はない。

 

こういう話をすると、

「動画では人の温かみが!」
「コミュニケーションとして!」

という反論が聞こえて来そうですが、
目的が違うということです。

やり方を教えるのは機能的な価値なので、
そこに感情的な価値を挟む必要はありません。

 

コミュニケーションの時間は別で
しっかりと取ればいいし、
今の人ってそのほうが気が楽です。
(少なくとも僕はそうです)

 

なので企業とかでもどんどん
You Tubeつかうべきだと思います。

 

You Tubeはチャンネル登録者数とか
本当に関係なくても、どんな業種にも
活かせるとんでもないツールです。

 

話すスキルなんて、ジャンル問わず
磨いておいて損はないですし。

 

まずは拙くても、
You Tubeで動画を撮影する
一歩を踏み出して見てください。

新世界が開けます^^

しゃべるのが多少マシになったので、
早速Twitterセミナー開催してみました🔻🔻

⇒ Twitterセミナー開催しました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。

今なら無料の電子書籍をプレゼント中です↓↓

→無料のメルマガ登録はこちらから

現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。


自分で稼ぐ力を身に着ける秘密が学べる電子書籍を無料で公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。

↓↓期間限定で無料の電子書籍↓↓
「ネットジジネスで年収2000万円を自力で稼ぐ方法」
無料プレゼント中です!

サンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。