文章を書くのが大の苦手だった僕が、ブログを書き始めて変わったこと

こんにちは、織田です。

今日は

[文章を書くのが大の苦手だった僕が、
ブログを書き始めて変わったこと]

というテーマでお話をします。

結論から言って、
人生がめちゃくちゃ楽しくなりました。

なぜなら、誰かの人生の一歩を踏み出す
きっかけになれるからです。

僕のブログを読んで

「ブログ読みました!興奮して脇汗が止まりませんでした!」
「ブログを読んでいて感動しました!ぜひお話したいです!」
「勇気づけられました。僕も頑張ってみようと思います。」

なんてメッセージをいただくようになりました。

とはいえ、
もともと僕は、
文章を書くということが
とても苦手でした。

どれくらい苦手かって言うと、
高校の時の小論文では
30点以上取れたことがありません。

「なんでだろう?」

と思って、
小論文の担当の先生に
放課後とか質問しに行くくらい、
意欲はあったんですけど。

僕の文章がだめな理由を先生に
いくら教えてもらっても、わからない、

という状態。笑

あとは、初就職を9ヶ月でやめて、

「ブログで稼いで自由になったるんじゃー!」

と思っていた時。

その頃は与沢翼さんが
情報発信ビジネスをやっていたときで
なけなしのお金を握りしめ、
教材を買ってブログを書き始めました。

結果・・・

ブログ開始3日で断念(笑)

という。

今そのブログ見てみると、
ほんっとにひどい文章です。笑

———————————————

今日は、スーパーで豚肉が
安かったので、豚肉を食べました。
美味しかったです。

→ アフィリリンク

———————————————

みたいな
誰得やねん(笑)

というブログでした。

確か、

文章を書くのに慣れていない人は
とにかく日記を書くことから始める
書かないよりは書いたほうがいい

みたいな事が教材に
書いてあった気がします。笑

そりゃそうなんだろうけど、
もうちょい書くことあるだろ、俺

ってレベルですね。

しかも、アフィリリンクですら、
内容と全く関係ないリンク貼っていました笑

こんな経験から
文章に対しての苦手意識が
めちゃくちゃついてしまいました。

師匠からブログの書き方を
教えてもらったときも、

・なんでここ改行入れないの?
・ここのフォント大きさ、めちゃくちゃじゃん
・文章の構造化が下手すぎ

と散々言われました(笑)

その時は、

「なんでこんなこと言われなきゃいけないんだ」
「今やろうと思ってたし」
「こんな細かいこと、どうでもいいだろ」

とか、師匠の言うことは基本的に素直に聞く
僕ですが、心の中で密かに
こんなことを思うくらい悔しかったです。

相変わらず、高校のときと同じで、

「何がわからないかわからない」

状態でした。

丁寧に教えてもらっても、師匠から

「ここ前も指摘しましたけど、
なんで治らないんですか?」

なんて言われる始末。

「えっと・・・すみません。」
(俺が聞きたいよー泣)

みたいな。笑

「文章にまとまりがなさすぎです。
この文章自分で読み返してみて、
読む気になりますか?」

と師匠。

僕は、

「いえ・・・なりません」

(ならないの・・・かなぁ?)

と、自分で悪いところが認識できないので、
直しようがありません。笑

ですが、
師匠からこんなことを言われました。

「もっと自分に自信を持ってください。
織田くんの人生って織田くんが何番目ですか?」

「えっと・・・すみません。
ちょっと言ってることがわかりません。」

「織田くんの今の人生を歩んでいるのは、

君が3番目ですか?5番目ですか?
10番目ですか?」

「えっと、1番目だと思います」

「ですよね。つまり今キミは
誰も歩んだことのない、前人未到の
人生を歩んでいるということですよね。
その唯一無二の人生に価値がないとでも思いますか?」

「・・・いえ、あると思います。」

「僕は全人類すべての人の人生に
価値があると思っています。
織田くんにも織田くんの人生に
自信を持って発信してもらいたいんですよ。」

そっか、ダメダメな俺の人生にも、
価値があるんだ。

と思えた瞬間でした。

その出来事から、
自信を持って、今の自分が挑戦していること、
思っていることをありのまま
ブログに書くようになりました。

すると
だんだん面白い事が起きてきました。

「ブログ読みました!興奮して脇汗が止まりませんでした!」
「ブログを読んでいて感動しました!ぜひお話したいです!」
「勇気づけられました。僕も頑張ってみようと思います。」

と、どんどん読者さんから
メッセージを頂く様になりました。

正直、戸惑いました。

僕はもともと何をやってもポンコツで、
要領が悪く、自分に自信が無いタイプです。

そんな僕に、わざわざ連絡をくれる人がいる。

人生がひっくり返る程の衝撃を受けました。

「こんなことが起こるなんて・・・」

僕は元々コミュ障でもありましたが
基本的にぼくに連絡をくれる人は、
「僕に好意を持ってくれている」
のが前提で連絡をくれるので、
話しやすいのもあり、
段々とコミュ障も治っていきました。

今もたくさんの読者さんから連絡や
感想をいただきます。

読者さんの悩みを聞いたり、
アドバイスしたりするのが一番楽しい瞬間です。

昔の僕が、
かっこいいブロガーさんに憧れて
料理を始めたり、

ずっとファンだったブロガーさんの
オフ会に参加してみた時の興奮だったり、

そんな心の動きを、

僕が作り出す番になっている。

年上の方、大学生の方、
すてきな女性の方まで、
いろんな人から

「織田さんに会いたいです!」とか
「弟子にしてください!」とか
「織田さんのおかげで人生が変わりました。」とか

言われるようになりました。

僕の発信が、
誰かの人生が動くきっかけになれている。

そう実感できるときは、
今でも少し涙が出そうになるくらい、
嬉しいです。

こんな人生、だれが想像できたでしょうか?

昔の僕には、
とても想像がつかない出来事でした。

文章が苦手だった僕が
こういった発信ができるように
なったのは、「型」を学んだからです。

自分自身のコンテンツの見つけ方や
そのコンテンツの発信の仕方、
人の心を動かす法則や
伝えたいことを伝える文章の書き方。

実は全てに「型」があります。

何でもそうですよね。

バスケットにはシュートフォームがあり
空手には型があり、
料理にはレシピが存在します。

もちろん、文章や動画の作成、
こういった情報発信の仕方も
すべて「型」が存在します。

よく、

「とにかく量をこなせ」
「やってみることが大事」
「行動が全てだ!」

と聞くことがあります。

行動ももちろん大事ですが、
僕はそれ以上に知識も重要だと思っています。

例えば、
アルファベットしかわからない状態で
いきなり留学したところで、
英語を話せるようにはなりません。

だって、
文法を組み立てる知識がないから。

知識なしで語学を学ぶのは
文法という法則を自分で見つけることから
始めなければいけません。

こんなに効率の悪いことは無いですよね。
先人がすでに見つけているのに。

赤ちゃんですら数年はかかるのに、
大人になってから文法を体験的に
身につけるのは何年会っても足りません。

文章とかお金の稼ぎ方も、
基本的には英語一緒だと僕は思っていて。

「正しい知識を入れた上での行動」

をしていかないと、どれだけ
行動下としても、何の実にもならず、
誰のためになるのかわからない行動を
量産してしまいます。

極論言えば、
昔僕がブログを挫折しましたが、
その頃の

———————————————

今日は、スーパーで豚肉が
安かったので、豚肉を食べました。
美味しかったです。

→ アフィリリンク

———————————————

みたいな記事を量産したところで、
誰かに価値を提供できていたでしょうか?

恐らく、というか、10000%断言しますが、
こんな記事を100万記事書いたところで
誰のためにもならない記事ですよね。笑

こんなひどい記事を書いている人は
僕以外なかなか居ないと思いますが、
SNSを見ていると、
近しい行動をしている人がいます。

例えば、

モテない人の特徴5選

とか、

最新の稼げる副業7選

とかって記事、よく見かけますよね。

その記事を読んだところで、
一瞬の好奇心は満たせるかもしれませんが、
そんな記事でだれかの
人生が変わることはありません。

ましてや、そんな記事の著者の
ファンになることもありません。

けど、こういうブログ記事、
書きがちだと思いませんか?

コンテンツを作る目的は、
読んだ人が読み終わった後に
すぐに行動してくれること

ひいては
読んだ人の人生に何らかの
変化を与えることです。

この前提に立って、
コンテンツを作る必要があるのに、
一瞬の暇つぶしのためのコンテンツを
いくら量産したところで
自分のためにも、相手のためにも、
社会のためにも、意味はありません。

だから、
物事は基本となる「型」を
まずは知識として学ぶことが
何よりも大事なんです。

これは、僕が実体験を通して、
身につんで学んだことです。笑

誰かの役に立ちたいのなら、
まず実力を身に着ける。

事が大事だと思っています。

色々、紆余曲折や、

「俺の発信なんか誰も見てくれない」
「何を書いていいのか全然わからない」

と思っていたこともありましたが、
僕の発信がきっかけで

「一歩を踏み出す勇気」

をもって、

僕に連絡をくれて、
行動してく人の姿を見れる。

こんなに楽しくて、嬉しいことはありません。

僕のブログで人生が変わったうちの一人、
まるさんを紹介します🔻🔻

⇒ 副業で4ヶ月で月収10万円のまるさんの物語


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。

今なら無料の電子書籍をプレゼント中です↓↓

→無料のメルマガ登録はこちらから

現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。


自分で稼ぐ力を身に着ける秘密が学べる電子書籍を無料で公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。

↓↓期間限定で無料の電子書籍↓↓
「ネットジジネスで年収2000万円を自力で稼ぐ方法」
無料プレゼント中です!

サンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。