商品の役割を理解する:フリーコンテンツとフロントエンドとバックエンド

商品の役割:フリーコンテンツとフロントエンドとバックエンド

こんにちは、織田です。

今日は

[ 商品の役割
フリーコンテンツとフロントエンドとバックエンド ]

というお話をします。

 

商品にはそれぞれ役割がある

・フリーコンテンツ
フリーコンテンツとは、無料で提供する商品のことです。
まずはお客さんに知ってもらうことを目的としています。
もちろん、無料だからといって手を抜いてはいけません。
「自分の商品はこれだけ価値がある」
と知ってもらう一番最初の機会になるので、
全力で作りましょう。

 

・フロントエンド
フロントエンドとは信用残高を貯めるための商品です。
ここで利益を出す必要はありません。
それよりもお客さんに信用してもらい、
リピーターになってもらうことが目的です。

 

・バックエンド
バックエンドは利益を出す商品です。
ここが利益を出すため商品なので、しっかりと価格に見合った、
期待以上の商品を提供します。
バックエンドでしっかりとした商品を提供できれば、
お客さんはファンになってくれ、
リピーターになります。

 

例① スーパーマーケット

フリーコンテンツ→ 試食
フロントエンド → 特売品、セール品
バックエンド  → 利益の出る商品

 

例② 歌手

フリーコンテンツ →  You Tube、歌番組
フロントエンド  →  LIVE、CD、音楽配信
バックエンド   →  物販、印税

 

例③ 不動産会社

フリーコンテンツ →  内見、ブログでの情報発信
フロントエンド  →  仲介料
バックエンド   →  提携会社との修理工賃の紹介料

 

例④英会話教室

フリーコンテンツ →  無料体験レッスン
フロントエンド  →  お試しレッスン
バックエンド   →  教材販売、高額コース

 

どの業種でも必ず使い分けをしている

このように、どの業種でも必ず、

・フリーコンテンツ
・フロントエンド
・バックエンド

を使い分けています。

お客さんに信用をしてもらうためには、
必ず各役割を理解して使い分けて行きましょう。

 

2割のリピーターが8割の利益を作る

僕のブログでは何度も出てきますが、
リピーターを獲得できないと
集客地獄に陥ってしまいます。

・フリーコンテンツ
・フロントエンド
・バックエンド

の各商品で、お客さんの期待値を超える
商品を提供するのは前提条件です。

リピーターの獲得できないビジネスは、
穴の空いたバケツで水を汲むようなもの。

必ずリピーターになってもらえるくらいの質の
商品を提供していきましょう。

 

情報発信ビジネス

僕の場合の話になりますが、僕が行っているのは、
情報発信ビジネスです。

フリーコンテンツ →  ブログ、SNS、YouTube、メルマガ
フロントエンド  →  商材、有料note
バックエンド   →  個別コンサルティング

という流れになっています。

まずフリーコンテンツで僕の信用をしてもらわないと、
始まらないので、フリーコンテンツでも
超有料級の情報を届けられるよう、尽力しています。

なにかご質問いただけましたら、
いつでもお答えします。

 

まとめ

・商品には役割がある
・フリーコンテンツ
・フロントエンド
・バックエンド
・どの業種でも使い分けている
・リピーターを獲得する

でした。

 

これを踏まえた上で
リストマーケティングを学びましょう🔻🔻

⇒ リストマーケティングが最強な3つの理由


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。

今なら無料の電子書籍をプレゼント中です↓↓

→無料のメルマガ登録はこちらから

現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。


自分で稼ぐ力を身に着ける秘密が学べる電子書籍を無料で公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。

↓↓期間限定で無料の電子書籍↓↓
「ネットジジネスで年収2000万円を自力で稼ぐ方法」
無料プレゼント中です!

サンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。