【起業した理由ベスト3】〇〇のために起業すると成功する理由

こんにちは。織田です。

今日は、

成功する起業の理由

というテーマでお話しますね。


僕は25歳で会社員をやめ、
独立しました。

今の仲間も自分で事業持ってたり、
副業したりしてる人たちばかりです。


そんな僕の実体験や
仲間から聞いた話を踏まえて
起業した理由を聞くと
共通していることを見つけました。


それは、

【自分のために
起業すると
成功する】

ということです。


よく、
お客様のためとか、
従業員のためとか、
社会のためとか、
家族のためだから頑張れる

とかいいますけど、
あれ、嘘ですから。笑



今日はまず、
僕や僕の周りの
事業仲間がどんな理由で
独立をしたのかを
ランキング形式で紹介します!^^


そのあとに、
なぜ自分のために
起業するべきなのか
ということも解説しますので
最後まで読んでいってください。


では、
僕と、僕の事業仲間に聞いた
起業した理由第3位から
行きましょう!

 

起業した理由 第3位
会社を辞めたすぎる


自分で事業やる人って
社会不適合者が多いんです。


会社で楽しく働けるなら、
正直起業なんかする
必要はありません。

悩みの多くは


・朝起きれない
・休みがすくない
・会社での人間関係がうまくいかない
・給料が低い
・昇給の見込みがない
・意味不明な作業が多すぎる
・上司がクソ



などなど、
会社の一員として働くには、
たくさんの理不尽に
耐えないといけません。


会社で働くことに
耐えきれない、
協調性のない人が
起業していきます。


僕は会社で働くのが嫌すぎて、

「会社で一生働くなら、
 死を選ぶ。」

デッド・オア・起業

というタイプでしたので、
起業しか選択肢がありませんでした。

起業した理由 第2位
将来への不安


僕は将来への不安がめちゃくちゃ
大きいタイプでした。


他の起業仲間をみても
結構同じで
僕と初めて話をした人たちは
例えば、

・結婚したいけど、結婚資金がない
・子供がいるけど、養育費が不安
・住宅ローンを払い続ける自信がない
・老後の年金が本当にあるのか?
・貯金ができない
・いつリストラになるかわからない
・いつまで会社が続くかわからない
・AIやロボットに仕事が奪われる
・両親の介護必要になったら
 どうすんの?


みたいな、
THE・普通の悩みです。


起業するって、
特別に思われがちですけど
みんな普通の悩みを持って、
普通の人が起業してます。


僕も、

月収30万円あれば、
天国だ!

と思っていましたからね。x


一歩一歩眼の前のことを
やっていたら、いつの間にか
ここまでこれたって感じです。

今は不安とは
無縁の生活をしています^^


起業した理由 第1位
モテたいから


これはもう文句なしに
堂々1位ですね!笑

僕が起業した一番の理由は、

「デート代を払える
お金がなかったから」


です。


だってさ、
一回あたりのデートするのって、

どっか遊びに行って1万円
その後、ご飯いって5000円
2次会いったら5000円

合計2万円くらい平気で
かかっちゃうじゃないですか?

一回のデートで、ですよ?


起業する前の僕は、
マジでデートする
お金がありませんでした。
手取り月収13万円でしたからね。


そして、もちろん、

「絶対、起業すればモテる!」

と思っていました。笑
いや、思うでしょ、普通。笑


僕が起業前に
思い浮かべてた理想は
こんな感じです。

タイプの女の子:
お仕事なにしてるんですか?


僕:仕事?ああ、自分で事業やってるよ。
  ちっちゃい会社だけどね。

タイプの女の子:
えー、すごーい!

LINE教えてください(*´ω`*)

僕:( ´∀`)b


ってなると思っていました。

現実はそんなに
甘くはなかったです。笑

けどまぁ、
一定の評価をいただけるのは、
事実です。


LINEを聞かれることは
ありませんけどね。笑


社会のためや、誰かのために
起業してはいけない理由


以上、僕の独断と偏見の
ランキングを踏まえると、
見事に

社会のため、
誰かのため、というよりも
自分のために起業した人ばかり

です。


社会のため、
誰かのために起業しては
いけない理由は
どこかのタイミングで
燃え尽きてしまうからです。


例えば、

「好みのタイプの女の子と遊びたい」

って欲求はほとんどの
男性は持っていますよね。
(僕だけだったらすみません。笑)


けど

「俺は経済格差の無い
自由で平等で公平な
社会を作るために起業する。」


とか周りに言ったりしてると、
合コン行くのも罪悪感を
感じるようになりません?


清廉潔白でいなければいけない、
みたいな。


本当の欲求を我慢したままで
頑張り続けられるほど、
人間は強くありません。


これは、
僕の娘が生まれたばかりの頃の
話なんですが。


娘の将来とか考えて、
絶対不自由な思い點せたくない、
頑張らなきゃと
思いっきり仕事してました。


「ちょっと休みたいなぁ」とか
「遊び行きたいなぁ」とか
「ゲームしたいなぁ」とか思っても、

「いやいや、
将来何が起こるか

わからないんだから、
そんなことしてないで
1万円でも多く稼いで
株式投資に回さなきゃ!」

と自分の欲求を無視して
仕事してた時期がありました。


そうすると、
仕事がどんどんどんどん
つまらなくなってくるんですよ。


仕事が面白いというのを忘れ、
目の前の楽しみを忘れ、
「仕事をしなければいけない」
という脅迫観念に襲われました。



「仕事しなきゃいけないんだから、
もっと稼がなきゃいけないんだから、」


と娘との時間を
削るようになりました。

本末転倒です。

次第に、

「なんのために仕事してるんだっけ?」

と思う様になり、

「もう全部やめたい、放り出したい」

と思うようになったんです。

しまいには、

「なんのために生きてるんだっけ?」

まで考えるように
なっちゃいましたね。笑


結局、
これはちょっとやばいなぁと思い、
自分のやりたいことの
優先順位を上げました。


自分の欲求を大事にしていったら、
仕事もガンガンやる気に
なっていきました。


「あれやりたいから、
今月もうちょっと仕事して、
自分へのご褒美としてやろう!」

みたいなね。


起業したばかりの頃は
自分のことだけだったから、
燃え尽きるとか一切なくて
ガンガン稼ごう!って
思ってたんですけどね。


家族ができてから、
色々感情や気持ちは変化しました。

家族はもちろん大事です。


けど、同じくらい、
もしかしたらそれ以上に
自分も大事にしないとなぁと
実感した出来事でした。


僕が精神病んで、
働けなくなったら、
マジで意味ないですからね。


燃え尽きず、継続して
行動し続けるために、
自分の欲求を大事にしなければ
いけません。

今すぐ、あなたができること


「言ってることはわかるけど、

お客さんに、お金欲しくて
この仕事してます!
とか言えねーじゃん!」


という反論が聞こえてきそうです。笑


そりゃあ、お客さんに
高らかに宣言する
必要はないし、
言ってはだめですよ。笑


大事なことは、

自分の中で
自分の欲求を明確にして、
認めてあげること

です。

そのために夢リストを
作りましょう。


自分が100%自分のために
やりたいことを
どんなに小さなことでも、
どんなにゲスなことでもいいので、
一つ一つ書き出してみてください。



そして、できるものから、
ガンガン行動して
いきましょう。


幸いなことにこの資本主義は
お金でほとんどのやりたいことを
達成するができます。


そして、自分の欲求を大事にしていると、
社会貢献したい気持ちが
自然と湧いてきます。

・お客さんにもっと
 還元できる方法は無いかな?
とか、
・税金いっぱい収めよう
とか、
・スタッフの仕事作らなきゃ
とか、
・収入の一定割合、寄付しよう
とか、
・自分がこんなに幸せなのは
 家族のおかげだよなぁ。
 もっと家族にも貢献しよう。

とかね。


人間て面白いもので、
自分の欲求が満足すると、
勝手に貢献欲が湧いてきます。

この貢献欲の良いところは、
自分でこれも欲だと実感しているので、
見返りを求めなくていいことです。


ぼくは、これが本当の
社会貢献かなぁと思っています。

まとめ:

・成功する起業の理由は「自分のため」
・起業した理由3位「会社を辞めたすぎる」
・起業した理由2位「将来への不安」
・起業した理由1位「モテたい」
・社会のため、誰かのためだと
 燃え尽きてしまう。
・自分の欲求を満たしていくと
 勝手に貢献浴が湧いてくる
・本当の社会貢献は見返りを求めない

以上になります。

僕が起業するまでの
物語はこちらから
見てみてください^^

著者プロフィールと起業までの物語

 

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。

今なら無料の電子書籍をプレゼント中です↓↓

→無料のメルマガ登録はこちらから

現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。


圧倒的知識を無料メルマガで公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
僕は今までこんな学びをしてきました。

・世界最高のマーケッター、
 ジェイ・エブライハムのオンライン講座受講
 (分かる人はめっちゃすごいことをわかると思います)
・組織マネジメントを学ぶために
 上場企業の外部コンサル発注
 (3ヶ月で131万円でした笑)
・20代で年収5億円の経営者の動画講座へ複数参加
・マコなり社長のビジネス講座受講
・日本で初めて縦長セールスレターを
 使った人からのノウハウ
・ラジオ番組も持っていた
 テレビアナウンサーから伝え方の直接トレーニング
・英語を話せるようになりたいから
   3年間海外留学
・飲食店を開きたいから
 地元で一番の高級店に就職
・瞑想(マインドフルネス)を学ぶため、
 日本の最高峰の合宿所に10日間合宿
・世界一周した民泊経営者のところで
 民泊のやり方を直接指導
・26歳で1000人切りナンパ師から
 コミュニケーション指導

などなど。

業界トップクラスの信用できる人から、

学びまくりました。

こんな最高峰のノウハウを知りたい方は
⇒ 無料メルマガへ今すぐ登録^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。