昨日、師匠からボロクソ言われました。

昨日、師匠からボロクソ言われました。

こんにちは、織田です。

昨日、師匠と先輩と里井さんと、4人で
zoomで飲み会をしました。

結論から言って、
ボロっくそ言われました。笑

始めの1時間位は
馬鹿話をしながら、楽しく飲んでいました。

しかし、徐々に風向きが変わってきて・・・

どれだけ取り繕っても、自分は自分

最近、僕は情報発信に取り組んでいるんですが、
その投稿を見て師匠と先輩から

「織田くんて、ブログとかYou Tubeと
こうやって話してるとき、キャラ違うよね。」

「カッコつけすぎ。」

「表現が固い」

「こう思われたい、が強すぎるんだよ。」

「自意識過剰」

「こうやって飲んでる方がよっぽど楽しそうだよ」

とボロクソ言われました。

すると、師匠が突然、

師匠:とりあえず、塾生のグルチャに
『うんこ行ってきます!』ってLINEしてみて。笑

織田:えっ!今ですか?いきなりですか?

師匠:そうだよ、俺はすぐできるけどね。
そういうところがカッコつけてるんだよなー。

織田:(相変わらずいきなり無茶振りだ(,,゚Д゚))
わか・・・りました。(えーい!やったれ!!!!送信!)


(いきなり過ぎて、大混乱です。笑)

織田:送りましたーーー!!!
とりあえず、ほんとにうんこ行きたいんで、
行ってきます!!!!

先輩:(爆笑)
そうそう。どれだけ取り繕っても

自分は自分。どうせバレるから、
全部出していけばいいんだよ!

さといさん:ポカーン(,,゚Д゚)

弱肉強食ではなく、適者生存

今回の飲み会のノリは懐かしくて。笑

人間て少し油断すると、
「今の自分」を守ろうと執着し始めます。

理由は、人間には恒常性(ホメオスタシス)という
性質があるからです。

体温と一緒ですね。

・挑戦が怖い
・新しいことを始められない
・失敗したらどうしよう
・自分にはできるのかな?

これは、一定の成果を上げた人も、
もちろん僕も例外なく、みんな思うことです。

僕だって、失敗は怖い。
できることなら、今のままの生活がいいと思います。

しかし、問題は

「この世の中は弱肉強食ではなく、適者生存」

ということです。

環境に適応した生物だけが残ります。
つまり、変化し続けなければならない。

ましてや、今は変化の激しい、
激動の時代です。

僕が保守的になってくると、定期的に
師匠&先輩は

今までの自分のカバーをとって、
新しい自分を発見(Discover)する

ということを教えてくれます。

失敗したところで誰も見ていない

新しいことに挑戦する、
ありのままの自分をさらけ出す、
一歩を踏み出すときは勇気がいります。

今までの居心地のいい自分を否定し、
未来の自分を100%信じないといけないからです。

けど、もしうまく行かなくても、
失敗しても、誰もなんとも思っていないのが現実。

今回、僕が

「うんこ行ってきます!」

って言ったところで、一瞬
みんなから、

「何言ってるんだこの人は???」

と思われるかもしれませんが、
10秒後にはみんな忘れていますよね。

ちなみに、去年の年始は、
「とりあえず坊主にしようか。」
の一言で僕は5厘に刈り上げました。笑

こうした悪ノリもあるんですけど、
なんでこんなことやるかっていうと、

「どんな手段を選ぼうとも、
結局自分がやること。
自分以上の結果は出ない。

だから成果を出したいなら、
自分自身を成長させるしか無いんだよ。」

というのが、昨日の師匠のまとめでした。

ほんとにそう。
まだまだ師匠にも先輩にも敵わないなぁ・・・。

誰も自分のことなんて気にしていない。

だからどんどん挑戦して、
自分をされけだしていく。

その練習としての、

「うんこ行ってきます!」

だったわけですね。笑

人生とは発見だ(Dis-cover)

今回のzoom飲み会は師匠と初めて会った時の
ことを思い出しました。

人生とは、発見(Discover)です。
Dis(外す)cover(カバー)なんですよ。
自分のカバーを外していくことです。

この言葉は、僕が師匠と会って、
初対面の30秒くらいで言われて

「何者だ、この人は!!!!???」

と衝撃をうけた言葉です。

忘れもしない、新宿紀伊国屋前に待ち合わせ、
エクセスシオールカフェに向かう道中でした。

結局、新しいことをやることももちろんですが、

「取り繕わない勇気」

自分の裸一貫で勝負できることのほうが、
大事だったりします。

・嫌われたくない
・変に思われたくない
・自分の考えを我慢してしまう
・やりたくないことも断れない

けど、これで得られるのは、
取り繕った自分を好きになってもらうことだけ。

だったら、

一つずつカバーを外して行く(Dis-cover)
そして本当の自分を発見(Discover)していく

ということを、改めて、思い出しました。
5年前と同じことを言われるっていう。

まったく、成長しているのか、
していないのか。

師匠と初めて出会ったときの話は
こちらの記事に書いています。

⇒ 師匠と初めて出会ったときの話


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。

今なら無料の電子書籍をプレゼント中です↓↓

→無料のメルマガ登録はこちらから

現在は、株式会社の代表取締役として、
民泊・カメラショップのオーナーなど、
自由で楽しくビジネスしています。

年収2000万円を自分の力で稼ぐ方法や
売り上げアップのためのヒントになる情報を
発信しています。


圧倒的知識を無料メルマガで公開中

コミュ障ニートが起業して年収2000万円になりました。
ブログにはかけない話は無料メルマガで発信中。
僕は今までこんな学びをしてきました。

・世界最高のマーケッター、
 ジェイ・エブライハムのオンライン講座受講
 (分かる人はめっちゃすごいことをわかると思います)
・組織マネジメントを学ぶために
 上場企業の外部コンサル発注
 (3ヶ月で131万円でした笑)
・20代で年収5億円の経営者の動画講座へ複数参加
・マコなり社長のビジネス講座受講
・日本で初めて縦長セールスレターを
 使った人からのノウハウ
・ラジオ番組も持っていた
 テレビアナウンサーから伝え方の直接トレーニング
・英語を話せるようになりたいから
   3年間海外留学
・飲食店を開きたいから
 地元で一番の高級店に就職
・瞑想(マインドフルネス)を学ぶため、
 日本の最高峰の合宿所に10日間合宿
・世界一周した民泊経営者のところで
 民泊のやり方を直接指導
・26歳で1000人切りナンパ師から
 コミュニケーション指導

などなど。

業界トップクラスの信用できる人から、

学びまくりました。

こんな最高峰のノウハウを知りたい方は
⇒ 無料メルマガへ今すぐ登録^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

織田 関東の地方在住。24才まで不労所得を求め、ネットワークビジネス、ブログ、アフィリエイトに挑戦するも見事に挫折し、迷走。2014年に現在の師匠と出会い、カメラせどり開始。9ヶ月目で月収100万円を突破。現在は株式会社を立ち上げ年収は2000万円ほどまでになりました。 このブログの理念は昔の僕のように、「将来に絶望し、真っ暗なトンネルの中、迷子になっているような人に正しい稼ぎ方を伝えること。」様々なビジネスに取り組んだ観点から、[マーケティングと自動化]を軸にしたカメラせどりについての情報を発信しています。